02
1
2
4
5
6
7
8
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
23
24
25
26
27
28
   

生き甲斐を見つけた&浮気疑惑に反論!

      いや、いや、いや!今年の夏は長っかったわ~

      このわたくしめは、
           大型犬9頭のお世話に励んでいました

ワン絡みの友人が〝Wal k & Play″の活動をしているのに賛同し参加することに。

夏は、早朝4時に車で迎えに来てくれ、途中3頭乗車しているマイクロバスに乗り換え。
     その後、6軒の家へ回って1頭づつ乗車させ、全9頭とスタッフ5人。
           目的地に向かって出発

           某森の中へリードでお散歩。
      森の中はビックリするほど涼しく空気が清々しくおいしい

森林浴もでき、マイナスイオンを発する滝、小川などの水しぶきの発生が
        脳波のα波が増え副交感神経に作用。
   その結果、心身共にリラックス効果が得られる、正に一石二鳥。

   木漏れ日の中に広場があるので、そこではリードフリーにして
         ボール投げ、冷たい小川の中、小さな滝で全頭大ハシャギ。
      

  多頭犬との運動と触れ合い、遊びの中でコミュニケーション能力の
          向上を図るのがこの会のコンセプト。

  
     飼い主さんが心配しているのは、他犬と争いにならないかということ。
          チッチッチッ!心配ご無用!

     代表はドッグトレーナーと動物看護師の資格持ち(女性)だし、
            男女問わず全員パワフルよ~
            ただし私だけが、いたいけな少女
        (寝言は寝てから言えのツッコミはご遠慮のほどを)

   今のところ、全頭温厚で礼儀正しいわ。
         挑発行為をしたり、唸り声をあげる子は1頭もいません。
    何故かと考えたのね。
  こうして愛犬のことを考えて預けるくらいの飼い主さんだから、いっぱい愛情を
              受けて育っているのだと思ったの。
       大型犬でありながら全頭、室内飼いだし様子を窺っていると
      その愛情溢れる様子に感動と幸せを感じるくらい

     預かりママはできないけど、 何かの形で犬との触れ合いに
    携わることをしたいと常々思っていたので、最高にラッキーです
      お蔭さまで、毎日充実した日を過ごすことができて幸せ

     最近は7時出発、もっと寒くなったら森には行かずドッグランに変更。

  ところで、
   我が家のプリンスパトは、ご機嫌ななめ。
   パト: ママ~、朝っぱらからコソコソ出かけやがってるけど・・・
  わたし: だから?         
   パト: 帰って来ると、どこの馬の骨かわからないワンの匂いがプンプン!
           もしかして浮気してんじゃね?

   わたし:ばっきゃ~も~ん!濡れ衣だぁ

   この後、よ~く説明させていただき、納得していただきました(ん?)
  
     パトを連れて行きたいのは山々だけど、大型犬だけの中には
    入れられないのが残念だけどその分いっぱい遊んであげてるよね。

          
      私がお出かけ中は、寂しがらないように、息子のベッドに移動。
  寂しそうに

       

       この方はおやつを見るとこうしてお手を、条件反射ね。
お手1

              

               この日も条件反射のお手。
           この方の脳内キャパの80%はモグモグ

お手2



               

絶対許せない!子猫を生きたまま焼いた女 !

      本日、最も残酷で残虐極まりないニュースが飛び込んできた!
 
 しかも31歳の女の犯行にビックリ仰天ニュース記事を転載したものです。

 『子猫を生きたまま焼き殺し、フェイスブックにその動画を投稿したとして、
     神戸市在住の無職の女(31)が兵庫県警に逮捕された。
   警察への通報から4か月も経っていることから、ネット上などで様々な
            憶測が流れている。

   あまりにも残虐なため、動画は、2016年4月に投稿されてから、
          ペット愛好者らの怒りを買っていた。

■「どこまで殺せる? え~と、人間まで」

  動画を見ると、容疑者の女は、自分が飼っていたスコティッシュフォールドの
           子猫をつかんで逆さ吊りにし、
   「目が腫れて足も折られて今からもう死にます」などとつぶやく。
    そして、子猫を簡易焼却炉に入れて焼く様子を映していた。
子猫は、焼却炉から顔を出して苦しそうにしていたが、
     それでも女は蓋をかぶせ、平然と歌まで歌っている有様だった。

     女は動画の中で、飼っている柴犬なども死んだとして、
      ほかのペットへの虐待もほのめかしていた。
    さらに、「どこまで殺せる? え~と、人間まで」と人への危害の
           可能性についても漏らしていた。

  動画投稿後は、県警への通報が相次ぎ、女の家族からも連絡があった。
   垂水署員が当時、女を事情聴取したところ、女は、子猫の焼却や
         動画投稿も認めた。
     ただ、異常な言動だったため、本人や家族の同意を得て、
       病院の精神科に医療保護入院となっていた。

    女は、治療を終えて8月16日に退院し、その日のうちに県警に
           動物愛護法違反の疑いで逮捕された。
 調べによると、女は4月18日、生後6か月のオスの子猫を自宅マンションの
      ベランダに設置した焼却炉で焼き殺した疑いが持たれており、
         その様子をスマホで撮影して動画投稿していた。
  焼却炉からは、ほかに1歳の子犬1匹の死骸も見つかっている。女は、
     「取り返しのつかないことをした」と容疑を認めているという。

         「動物虐待から大きな犯罪につながる」
     事実関係ははっきりしないが、投稿動画などを見ると、
  容疑者の女は、別れたという夫の浮気相手とする女性の名前を
       子猫などに付けて、残虐行為に及んでいた。
 さらに、女のものとみられるツイッターには、浮気相手とする女性への
        殺害予告まで書き込まれている。
    また、夫へ危害を加えることを示唆するような文面もあった。
       夫の存在や浮気などが事実かどうかは不明だ。

 動物虐待では、過去には、それをきっかけに人に危害を加えるまで
        発展した事件がいくつかある。
      また、殺害予告をしていたケースでは、
最近では、措置入院して退院後に予告通り障害者19人を殺害した
         神奈川県相模原市の事件がある。

 今回、女を退院直後に逮捕したのは、こうした状況を考慮した結果なのだろうか。

    兵庫県警の生活経済課では、J-CASTニュースの取材に対し、
「焼却炉に犬の死骸もあり、事件の全容を明らかにするために逮捕しました」と
          次席が答えた。
 一方で、逮捕の理由とはしなかったものの、
    「1997年の神戸連続児童殺傷事件といった過去の事例を見ても、
   動物虐待から大きな犯罪につながる可能性があります」とも語った』と。

           以上ここまで転載です。


ここからはひとり言。

精神を病んでいるのかどうか知らないけど、だからと言ってすぐ保釈するのは
     極めて危険だし、またすぐ同じことを繰り返すだろう。

   こんな女絶対許せない!歌を歌いながら生きたまま、
    もがき苦しんでいる様子を見ながら焼き殺したって!
        よくもそんな惨たらしいことができるもんだわ
       ハラワタが煮えくり返るわ!悪魔のような女だ
 一生社会に出られない穴倉に閉じ込めておいてほしい!

個人的には、猫、犬に加えた残酷な方法でこの女を地獄へ落としてやりたい
        現実にはできないから余計に腹立たしいのだ!


ペットを飼っているからと言って、皆が皆、愛情を持っているとは限らないと
      言うことは、常日頃からつくづく思っていました。

女という生き物は男と比較すると極めて優しく動物に危害を加える人が
非常に稀だと思いますが、このような非常な行為をする女もいるんだという
             ことがショックでなりません。

どんなツラしてるか知らないけど、どうしたらこんな人間になるんだろうかと
     育った環境とか、どんな人間と関わってどんな生活すれば、
       こんな人間性が形成されるのか、そっちを知りたい。


惨酷で残虐で残忍の限りを尽くした極めて稀有な犯人女は、
       この世から抹殺したいし排除しよう!
 悪徳繁殖業者も役に立たなくなったからと言って保健所へ持ち込む。
       こいつらも方法こそ違えど同罪で許せない!

 この愛すべきペットたちの命を蔑ろにする悪魔たちは絶対許すことはできない。

            



一目見て虜に、一目惚れってことね!

           月一度のマイクロバブル!
   美容師のおねえさんが、  
      お迎えに来てくれたので、パト一人でお出かけすることは
       毎度のことなのに2~3時間、家を離れただけで、
   帰宅するなり、
    「ママ~!ただいま~!」と満面笑顔で飛びついて来るざんすのよ
           おリボン取らないうちに、カシャ
おリボンつけている

      
         「パ~ちゃんこ~!」の声に「あ~い!」とお返事。
      いやいや可愛いのなんのって(毎度の大バカ親ざます)
おリボン振り返って

  さてと、
    今日はパトの七不思議をご紹介(正確には暴露話)しlちゃうわよ
            後でパ~チャンコに怒られるかも・・・


  その①
    ほんの小さな雷の音だけで、すっ飛んできて
     「ママ~!怖~い!助けて~!」と飛びついてくるのよ。
  しか~し、
     飛行機が低空飛行の爆音には平気の平左衛門。
     これって本能的に動物の勘がザワつくか否かの違い?

 その②
 ママべったりのくせに抱っこしようとすると、ヒョイと逃げやがる(チッ!)笑
          ツンデレ・・・いや、デレツン?

 その③
    お菓子をポ~ンと遠くに投げると、探してモグモグ。
  私の近くに置くと、
私とお菓子を交互に見て、勝手に「お手」と「おかわり」のポーズを何度も繰り返す。
          「よち!」と言うとモグモグ。
でも、直径3cm以上の食べ物を手であげてもプイ!小さくしないとモグモグしないの。
      のぁんとお上品でお行儀いい子ちゃまなんでしょう
      (どこまで親バカなのよっ!)のツッコミはご遠慮くださいまし。

 その③
  家でオチッコする際は、トイレの前で私の顔をじっと見ていて、
       「オチッコちて!」と言われるまでしない。
言われると、すごい勢いでグルグル20回くらい回り、ようやくチャ~
         or 私がトイレに入るとパトも連れション、
   私が、外に出ているのを見計らっていつの間にかシートが濡れていたり。


  その④
     お散歩で他犬が遠くにいる時は
          「お~い!挨拶!挨拶!」とキャ~キャ~呼ぶくせに、
   いざ近づいてくると、固まってしまいフリーズ状態。
        体中クンクンされ放題、まな板の鯉じゃないんだから

 その⑤
   私にかまってほしい時、近くで穴が開くほどジ~っと見ながら、
  「グ~グ~」と低周波?のような声?音?を出して遊んでアピールを。

   以上、今思い出しただけ書いてみたけどまだあるかも。
       とにかく変わった子にはちげえねえ

    ところで、タイトルに一目惚れとは、言うまでもなくパトのこと。
 里親募集にパトの写真が掲載されていたのを見て一目惚れってことなの。
       相手側はいろいろあるので、2週間のトライアルが必要だと。

 一般に通常はトライアル期間を設けるのは常識とされているのは百も承知の助。
     「1日でも家に来たらその子は我が家の子です」と。
どんな病気を抱えているかもしれない、ガブする子かも、中々懐いてくれないかも・・・

そんな無用な心配は一切いりません。悪い子など一人もいませんから愛情込めて
      ウチの子としてだいじにしますよ・・・と説得しました。


いざ、待ちに待ったパトのご来訪
  その方は我が家に入るなり「なるほどね」と納得してくださいました。
 それは、
 今までいた子たちが如何に幸せだったかがすぐにわかったと言っていました。
           思い出の写真がいくつも飾ってあり、
      いたるところにその面影が残っているからでしょうか。

   胸の内を瞬時に理解してくださったことに感謝でいっぱいでした。

しかし、先住犬のエミールが天国へ逝ってからと言うものは、
悲しくて悲しくってポッカリ穴が空いてしまって抜け殻状態に。
これじゃあいけない・・・と思い里親募集のサイトばかり見るようになりました。

そんな折り、パトの写真を見て「この子だ!」と一目見て虜になってしまって・・・
    すぐ連絡しましたが、エミールの四十九日が明けた後、
           パトを迎えたい旨を伝えました。
       メールと電話で一か月以上やり取りした結果、パトを
    迎えたので、もう嬉しくって嬉しくって天にも昇る心境でした


  でも、いつも思うのはパトはこんなに愛されて幸せなのに世の中には、
       不幸なペットが沢山いることに心を痛めています。

一日も早く皆幸せに暮らしていける世の中になってほしいと節に願っています。

いつもながら長文になってしまい、最後までお読みいただき有難うございました!


           


アーピバーチュデイ、パトた~ん10歳!


       我が家に来たのが3歳、7年が経ち10歳になりまった

           「お兄たん、手を離して」
ケーキ見ている


10歳誕生日ケーキ


            「え~い!舐めちゃえ」
ケーキ舐めてる


             ガツいて「うめぇ!」
ケーキうまうま


     今まで、気胸を患ったくらいで大きな病気もせず、
           健やかに育ってくれたことに
          幸せと喜びを感じています

      毎日欠かすことなく「お家に来てくれてありがとう!」と。
  今までこんなに愛おしい気持ちになったことがあっただろうかと。
思えば、数匹の子たちを天国へ送りましたが、年を重ねるごとに愛の形が
           変わってきたように感じます。

「自分の幸せ」より「パトの幸せ」を最優先することで、初めて自分が幸せに
         なるんだと言う考えに変わったのです。

       愛情を持って接していれば通じるものですね。
             パトは「ママ命」らしいわよ

            
         

広島県愛護センター収容全頭引き出しの愛護団体

    広島市にある動物愛護団体「犬猫みなしご救援隊」は、
 8月1日より

    広島県愛護センターに収容された殺処分対象の犬猫全頭の
         引き出しを開始する運びとなりました。


     素晴らしい快挙を遂げた中谷代表は、日本一スケールの大きな
           動物愛護施設に意欲を燃やしています。

      詳しくは ここをクリック!
  《7月22日のブログですから、ずっと下にスクロールしてね》

 
  中谷代表曰く。
   『いろんな人を見ていろんな経験をしてきましたが
         『犬猫を邪魔にして捨てる人は、
    センターが持ち込みを拒否したら野山や公園に捨てます。
   犬猫を邪魔にして捨てる人はどうやってでも捨てます、
         だから連れ込んでも拒否せずこちらに渡してくれ』と。

 中谷代表の稀有ある愛護精神と行動力にはアッパレを通り越して神の域です。




 【追記】
   都知事選が近づいてきましたね(私は期日前投票済み)
      あるブログで鳥越氏について面白いこと書かれていました。
            
    今度のガンだと思っていたら、インコーだった、と。
     鳩ポッポといい、鳥類は政治に向いていないようです。


           ポチッちてね by パト
          にほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへ

いくつになったの

プロフィール

ゆずナベ

Author:ゆずナベ
プロフィール
名前:パトリック
住所:東京都
誕生日:2006年7月30日
性別:男の子
性格:お茶目ん坊
好きな人:ママと大兄たん
クセ:ママ&お兄たんのお手手を舐める
   嬉しいと体が震える

最新記事

先代のプロフィール

エミール
名前 エミール
住所 東京都
94/7/15~09/5/21
享年 14才10ヶ月
性別 女の子のような男の子
【エミールの記事は】
下記の{月別アーカイブ}
2009/01~2009/06迄掲載

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

署名よろしく!

月別アーカイブ

カテゴリ

ペキニーズレスキュー

ペキニーズレスキュー

犬猫の救済方法をご覧ください

犬猫里親 救済活動支援ブログ みんな幸せ

動物警察を誕生させよう!

動物警察
↑日本に動物警察を誕生させよう!

オススメ

リンク