02
1
2
3
4
5
6
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
   

「猫虐待」元税理士に懲役1年10月 、執行猶予4年

悪名高い大矢誠の判決に、やっぱり!と思うと同時に、
  納得いかないのはほとんどの人の感想。

いつまで経っても、動物を100匹虐殺しようがこの日本は
執行猶予がつく、と~~~っても甘~~~い刑罰。

     以下はニュースの転載です。

   『 野良猫13匹を虐待したとして、
動物愛護法違反の罪に問われた元税理士、
大矢誠被告人に対して、東京地裁(細谷泰暢裁判官)は
   12月12日、懲役1年10月、執行猶予4年

(求刑:懲役1年10か月)の有罪判決を言い渡した。

判決では、「犯行は誠に残虐で社会に与えた影響は大きい」
  としながらも、税理士廃業や、家族への嫌がらせなど、
社会的制裁を受けていること、同じような事件の判決との
兼ね合いから、執行猶予付きの有罪判決とした。

   大矢被告人は2016年3月から2017年4月にかけて、
野良猫に熱湯をかけたり、ガスバーナーであぶったりするなど
虐待を加えて、9匹を死なせて、4匹にケガをさせた疑いが持たれている。
さらに、その様子を撮影した動画をインターネットに
       投稿するなどしていたとされる。』

子の中で、
「税理士廃業や、家族への嫌がらせなど、
    社会的制裁を受けていること」

だから、執行猶予がついた?バカ言え!って
これくらいで済んだのは、ここが日本だからなのです。
日本以外の国だったら、コイツ殺されているわよ。
先日台湾で猫1匹虐待し、裁判所を出た途端、
    民衆にボコボコにされ、目は失明し、
   体も相当なダメージを食らったとか。

  動物に関しては大昔から法律がそのまんま!
   だからよその国から途上国だとバカにされるのよ。

法律を改正しないと、動物虐待はエスカレートするだけで
       何の歯止めになりません。

裁判官だって、マニュアル通りの判決しかできない
       脳タリンですね。

    ポチ!ちてね by パト
       にほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへ




爺さま方は、皆フレンドリー!?

     どうぞ、お好きなカドラーでと、
      パトの為に気を使ってご用意。
   でもソファにいることの方が多いかな。
   ベッド3つ


        カートに乗るのは冬限定。
 毎日、公園、広場、神社など数か所日替わりで2時間運動兼ねて。
     神社でカートに乗って

イケメン、パト坊やは女装趣味。私が勝手に着せているんだけどね。
     神社でカートから降りてこっち向いて

     ほら!赤いニットのワンピース、似合うでしょ?
    神社でカート降りて他所向いて

           お約束のおやつ 
     手の平からおやつ

  運動なんかしていると、やたらに話しかけてくるのが爺さまたち
  〝元気だね″ 〝若いね″〝家、近く?″など、それぞれ。

  今日は、
  爺さまのワンちゃんが他所のワンちゃんに威嚇吠えした
   すると、
       この子(パト)おとなしいね。
       そう、1度も怒ったことないの。
       わかる、わかる!奥さんに似て品があるもん。

           あら~、おべんちゃらかい!

    毎日、知らない人3人と話をすると脳を活性化するらしい。
    でも、
       爺さまは、話が長いのよね。
    だから、勝手に強制終了して「又ね~!」って。

         
ポチ!ちてね by パト
       にほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへ

猫虐待男大矢に懲役1年10か月を求刑。

  既に皆さまご承知のことと思いますが、
 稀に見る残虐極まりない猫虐殺男、大矢誠が
  昨日28日裁判で、検察は懲役1年10か月を求刑した。
弁護士は、
既に社会的制裁を受けているとか、反省しているからと言う理由で、
     執行猶予付けの判決を求めて結審したとか。
         判決は12月12日。  

こいつは、
最初の裁判の時、害獣だから駆除してやった・・・と言って
       反省のかけらすらなかった。
  刑罰を軽くしてほしいがため弁護士に諭されたであろう
「反省している」とか、「あやめた猫、心を痛めた多くの方々に
  おわびしたい」と心にもないことを平気で言いやがった。

コイツは虐殺した理由を並べているが、これは屁理屈というもの。
性癖だから治らないし、ほとぼりが冷めたらまた必ずやる!

拷問、なぶり殺し、惨殺・・・この世で極限の殺生方法だ。
     
   執行猶予などついたら日本は終わり。
      途上国並みの判決になる。
  アメリカのある州は人間とほとんど変わらぬ刑罰だ。
   大昔のままの法律では現在には通用しません。

昨今、動物愛護精神が高まっている中、動物に関しての法律を
全面的に改正しないと、このような虐殺はなくなりません。

   器物損壊とか拾得物とか「物」扱いにしている、
  このことから変えないと鬼畜は何の罰も受けずに
    社会でのうのうと暮らしていくのです。
      犠牲者はいつも弱い動物。

   対象が猫なのはノラが多いから。
元を正せば棄てた人間がいるからノラ猫がいるのです。
ノラ猫がいるから虐待、虐殺する人間がいるのです。

名もない人間より有名人が声を挙げた方が効果大です。
しかし、
小さな輪も大きな輪となれば社会を変え法律を変えることが
         出来ると思うのです。

今こうしている間でも、どこかで誰かが犬猫を・・・と思うと
 これをきっかけに厳罰にしてほしいと強く思う。

現在は都合がいいことに、アイフォンがあるので、何かあると
カシャカシャ撮り、SNSに投稿できるので、犯人を特定できます。

それにしても、コイツは13匹ということになっているけど、
    この2~3倍はやっていると思うけど、
ではこれが100匹だとしても執行猶予が付かないと言えば
       今のままの法律だとつくのです。
   人間1人殺して死刑になった人いますよね。
法律の「壁」が、いくら我々が20万の署名を集めても水の泡。

    最近、特に動物に関しての法改正を強く望んでいます。

       
ポチ!ちてね by パト
       にほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへ

 


お呼ばれしました。

    
先日、ワン仲間の1人(1匹)のお誕生日にお呼ばれしたので、
    を持参で行ってきました

     この家のパグのグー次郎君は5歳。
    まぁ、飽きないお顔でらっしゃいますことよ。

集まった面々を見ると、
  フレブルとボストンテリアとシーズー、コーギー。

広~い庭で全員、顔見知りだから大ハシャギ
   犬専用ブランコとか、ワン滑り台などがあるので、
     滅多に経験できないことが出来て
皆大喜び?怖がっていた子も慣れてくるとはまっちゃうみたい


しか~し、
パァちゃんこは、ウルトラビビリーの上に人見知り(犬見知り)は
      半端じゃない。 「遊ぼう!」と誘われても
「僕ちんは、放っといて」って感じでクンクン家中匂いばかり嗅いで
     自分だけの世界に浸ってる。
滅多に経験できない遊びなので、遊具に乗せようとすると、
怖がって拒絶反応を出すため、ストレスになったら可哀想
          なのでやめるほどの臆病さ。

   他のワンにクンクン身体検査されると固まってしまい、
      されるがままのマナ板の鯉状態。


 私の行くとこ行くとこ目で追っている有さま。
      まぁ、可愛いちゃ可愛いけど、
    「ママ命」は自他ともに認めている。

いつも思うことは、パトより先に死んではいけないと言うこと。
犬は「死」は理解できないが異常事態が起きていることは
         理解できるようです。
  信頼関係が深いほど飼い主の存在が大きい。
動物は「自殺」はしませんから、いつかは戻って来ると
    ずっと待っているようです(胸が痛む)

生きる希望を失い、精神を蝕んでしまうことがないよう、
       健康には気を付けたいと思います。

  息子たちがいるにはいますが、世話もしないし、
        私のように愛情溢れる接し方も皆無なので、
パトが私に対する依存度の高さは計り知れないと
          思うからです。

話を戻し、
  お開きになって「さぁ!お家帰ろ!」と言うと、
       俄然機嫌良くなったりして変わった子なのです。

グー次郎君ママはブログはやらないので、画像をアップできないのが
      残念ですけど、記念になります。

    グー次郎ママ!今日は、いろいろごちそう様でした。
お土産までいただいてパト、喜んでウマウマしてたわよ
     パトのお誕生日には是非来てね

      
ポチ!ちてね by パト
       にほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへ

 

猫虐殺者、大矢誠に懲役刑へ!

     今年埼玉県の猫虐殺者、大矢誠が逮捕されました。
 我々犬猫大好き人間のみならず、人間としてこの常軌を逸した、
            コイツに厳罰を!

 この怯えきった表情! バーナーで火をつけようとしている大矢誠!
             絶対許せない!!

猫虐待

この後、
   少しだけ焼いている静止画があるが、
  余りのショック映像なのでアップしません。

どんなに怖く、どんなに苦しみ、どんなにショックだったことか。
それを考えると、コイツは死刑でも特別な死刑にしてやりたい!
       
     署名は8日~10日までです。
署名して悪魔のような男をこのまま社会に出さず厳罰を下しましょう!
   
   既に皆さまはご存じでしょうが、この事件の詳細記事は
       下記の「署名」欄に上げてあります。
            署名

PC環境がない方は、下記にクリックしプリントアウトできます。
           紙署名

  大矢誠はFacebookに動画投稿した。
その様子を見てしまった人の中にはPTSD(心的外傷後ストレス障害)に
   なってしまい、そのショックで社会に出られずにいる人が
           何人もいるようです。

   強い精神的ストレスが、こころのダメージとなって、
時間がたってからも、その経験 に対して強い恐怖を感じるのです。


    私はその動画を見ることはできません。
見たら最後、夜も眠れずそのことばかり考えて正常では
     いられなくなるのはわかっているからです。
  私も、PTSDになることはわかっているからです。

その理由とは、
   今年の6月、7月に犬のことで強いストレスを受け、
全身湿疹ができ苦しんだことがあったので警戒しています。

こんなに愛らしく癒してくれる猫ちゃん、ワンちゃんたちを、
虐待する奴ってどんな環境で生まれどのようにして育ったのか、
どのように脳が作動すればこのような行動がとれるのか・・・

       いろいろ考えてしまいます。

    日本は動物に関していろいろ法律刑罰がありますが、
   取り敢えず表面上だけの法律としか機能していません。
        理由は 「物」扱いだからですね。
欧米では日本の動物の扱いには皆ショックを覚えるようです。
   余りに無知で扱いが200年遅れていると。
       20年でなく200年です。
被害者が人間のみ重罪、被害が動物だと軽罰どころかすぐ釈放!

    いい加減、目をさましてほしい!
  これを機に、真剣に深刻に動物jに対しても刑罰を遵守し、
     法に則った裁判をしなければいけません。
         環境省に強く抗議します!



       
ポチ!ちてね by パト
       にほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへ

    
     

いくつになったの

プロフィール

ゆずナベ

Author:ゆずナベ
プロフィール
名前:パトリック
住所:東京都
誕生日:2006年7月30日
性別:男の子
性格:お茶目ん坊
好きな人:ママと大兄たん
クセ:ママ&お兄たんのお手手を舐める
   嬉しいと体が震える

最新記事

先代のプロフィール

エミール
名前 エミール
住所 東京都
94/7/15~09/5/21
享年 14才10ヶ月
性別 女の子のような男の子
【エミールの記事は】
下記の{月別アーカイブ}
2009/01~2009/06迄掲載

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

署名よろしく!

月別アーカイブ

カテゴリ

ペキニーズレスキュー

ペキニーズレスキュー

犬猫の救済方法をご覧ください

犬猫里親 救済活動支援ブログ みんな幸せ

動物警察を誕生させよう!

動物警察
↑日本に動物警察を誕生させよう!

オススメ

リンク

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/aciqrdx004ge