FC2ブログ
   
04
1
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

衝撃のガン宣告、その後のパト

悪性中皮腫ガンとの診断で、余命わずかと宣告され、
     悲しみで涙が枯れるほど泣きました。
  家族は、残りわずかな日々のことばかり考えていました。

しかし、息子が「納得できない」「あがいてみよう」と。、
ネットでガン専門医を見つけることが出来たので、
藁をも掴む思いの私たちはそこに全てを託しました。

到着するや否や看護師さんが、「酸素室に入れますよ」と言って
       パトを連れて奥に消えた。
緊急だということで、その素早い対応に感心してしまいました。

他院で治療したデータを持参してその判断を仰ぎました。
       すると、衝撃発言が

先ず、パトが弱っているので栄養あるad缶を食べさせていたことに
ついては
「ガンに罹患している犬に栄養食を与えるのはガンのエサになるのでタブー」
それに、前の院長先生からは、遠回しに安楽死を進められたことを
言うと、ビックリした顔で
   「今の段階では安楽死などとんでもない」と。
それと、毎日胸腔内に針を刺して液体を抜いていたことについては、
  毎日なんて考えられない、1週間に1度ならともかく
        辛い思いをするだけだし、
   何よりも菌が付着するだけだ、とのこと。

 病名も悪性中皮腫ではなく、肺腺癌らしいと・・・らしいと言うのは、
 レントゲンを撮る際、保定しなければならないが、呼吸が荒い
状態で、ムリしてやるとパトへのダメージが大きいので
         できないとのこと。
 ご飯を食べられるようになって落ち着いたらX線撮るので、
    今の段階では正確な病名はわからにとのこと。

   ガンなので完治は望み薄だけど、抗がん剤治療を
   するが苦しみのない治療で少しでも長く
生きられるよう頑張りましょうと心強いお言葉をいただきました。

最後まで諦めない!セコンドオピニオンで助かったという事例は
     多いので今はこれに掛けるしかない。

入院して4日目だけど、毎日神様に「パトが一刻でも早く、
この苦しみから脱出し、無事に帰って来れますように」
と、
   お祈りし、神社にも願掛けに通っています。

      一度も一人っきりで泊まったことがないパト。
         さぞかし寂しい思いをしていることかと思うと、
     「ごめんね」ばかり繰り返す毎日です。
 9年間1日足りともいなかった事がないので、とっても
寂しいし、つい「パト!」と呼んでしまったり、外出すると、
パトが待っているから、早く帰ってあげなくっちゃ!と。

いつ帰ってきてもいいように、全カドラーを日干ししたり、
  トイレ周りをきれいに磨いたりと余念がない。

   可愛い可愛いパト!無事に帰ってきてね。
 いっぱい抱きしめちゃうから、覚悟しておいてね。
おいしいもの食べようね、食べられたら嬉しいよね!

      
ポチ!ちてね by パト
    にほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへ





いくつになったの

プロフィール

ゆずナベ

Author:ゆずナベ
プロフィール
名前:パトリック
住所:東京都
誕生日:2006年7月30日
性別:男の子
性格:お茶目ん坊
好きな人:ママと大兄たん
クセ:ママ&お兄たんのお手手を舐める
   嬉しいと体が震える

最新記事

先代のプロフィール

エミール
名前 エミール
住所 東京都
94/7/15~09/5/21
享年 14才10ヶ月
性別 女の子のような男の子
【エミールの記事は】
下記の{月別アーカイブ}
2009/01~2009/06迄掲載

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

署名よろしく!

月別アーカイブ

カテゴリ

ペキニーズレスキュー

ペキニーズレスキュー

犬猫の救済方法をご覧ください

犬猫里親 救済活動支援ブログ みんな幸せ

動物警察を誕生させよう!

動物警察
↑日本に動物警察を誕生させよう!

オススメ

リンク

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/aciqrdx004ge