11
1
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

極悪非道な動物虐待男が逮捕!!

        【下記は、転載記事です】

8月27日埼玉県の税理士 大矢誠容疑者が動物愛護法違反で
          逮捕されました。

    大矢誠容疑者は、鉄製の捕獲器に閉じ込めた
  猫3匹に熱湯を繰り返し浴びせたりバーナーで
     あぶったりして殺したとして逮捕。

警視庁保安課によると、大矢誠容疑者は今年4月までの
    約1年半に、少なくとも13匹の猫を虐待し、
   その虐待の様子を撮影し、動画共有サイトに
          投稿していました。

動物虐待愛好家のネット掲示板では「神」と呼ばれ
      有名人物であったとのこと。

大矢誠容疑者が行った虐待方法は、鉄製の捕獲器に
  猫を閉じ込め熱湯を数回に分けてかける
      ガスバーナーであぶる
      熱湯に沈める
      爆竹を入れる
      肛門に水を注入する
      ペンチで歯を抜く
      水に水没させる

   などです。

  とても、まともな人間が行う行為とは思えません。

 また、「有害動物の駆除なので、法律違反にはならい」
    などと話していることから、反省はおろか、
    自分の行った行為を正当化しています。

猫は有害動物ではありませんが、有害動物であったとしても、
このような虐待行為が正当化されていいわけがありません。

   現在の動物愛護管理法では、2年以下の懲役 、
  もしくは 200万円以下の罰金となっておりますが、
      略式起訴で済まされることが多く、
      罰金刑で終わって しまうのです。

つまり、何の罰をうけることなく社会復帰するのです。

   こんなことが許されていいのでしょうか?

 今後このような動物虐待愛好家たちが、平然と生きて
   いける社会であってはならないと思うのです。

     どうか、大矢誠容疑者に懲役刑を!

           以上が転載です。

【ここからは私のひとり言】

    こんなクズ男!同じ目にあわせてやりたい!
猫ちゃんたち、どんなに苦しい思いをしたことでしょう。
アメリカでは、15年の実刑を科せられましたけど、日本は
動物に関しては「器物破損」という概念しかないので、
          罰金払えば即釈放。
     払えなくても釈放されるようです。
1日~3日お灸をすえられただけで出られるなんて絶対許さない!

こう云う性癖がある奴は、やめられないから同じことを繰り返すのだ。
  さらにエスカレートした方法で実行することを考えると
    このまま放っておいていいのだろうかと。

コイツの隠された素性と犯罪がすべて白日のもとに晒された今
  全国的にニュースとして報じられすべてを失うのだ。

         そう!因果応報なのです!


  法律がありながら人間には厳しくても動物は命として
扱ってもらえない・・・日本はいつまで後進国でいるのでしょうか!
       コイツに極刑を望む。

         ポチ!ちてね by パト
       にほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへ




いくつになったの

プロフィール

ゆずナベ

Author:ゆずナベ
プロフィール
名前:パトリック
住所:東京都
誕生日:2006年7月30日
性別:男の子
性格:お茶目ん坊
好きな人:ママと大兄たん
クセ:ママ&お兄たんのお手手を舐める
   嬉しいと体が震える

最新記事

先代のプロフィール

エミール
名前 エミール
住所 東京都
94/7/15~09/5/21
享年 14才10ヶ月
性別 女の子のような男の子
【エミールの記事は】
下記の{月別アーカイブ}
2009/01~2009/06迄掲載

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

署名よろしく!

月別アーカイブ

カテゴリ

ペキニーズレスキュー

ペキニーズレスキュー

犬猫の救済方法をご覧ください

犬猫里親 救済活動支援ブログ みんな幸せ

動物警察を誕生させよう!

動物警察
↑日本に動物警察を誕生させよう!

オススメ

リンク

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/aciqrdx004ge