06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

卑劣なジジイを逮捕せよ!写真と実名入り!

       自称愛犬家を装って里親を申し出ては虐待
  (エサを与えず衰弱させたり、犬を蹴り上げ 地面に抑えつけ殴る)を
 繰り返すしては 山の中へ遺棄し、2度と戻ってこれないよう木に括り付けたり
      路上に遺棄したりして悦に入っているクソじじいがいると言うのだ!
    次から次へと犬の里親になり、悪事を繰り返しているのだ。

     はらわたが煮えくり返る、卑劣極まりないこの悪魔ジジイに
           厳罰を下さなければ気が済まない

      写真付きなので、愛護団体とかボランティアさんにはコイツを
        絶対に譲渡しないよう拡散していきましょう。

       
         栃木県宇都宮市立伏町に住む
        神永唯久 が悪名高き犬里親詐欺男。

 神永唯久


    「みなしご救援隊」が直接対決し、警察まで介入したものの、
  警察は「人間が殺されたこと以外は動かない」のが鉄則だとのこと。
   日本という国はいつまで経っても動物は「物扱い」の後進国。

  こんな奴を野放しにしていると、今後何匹もコイツの餌食にされてしまう。
        可哀想な犬を引き取りたい・・・などと善人を装って
    裏では虐待を趣味としている最低最悪な、このクソジジイ

法律に、 
  動物愛護法に違反した虐待等は、第44条に罰則 がありますよね。
        愛護動物をみだりに殺したり傷つけた者には、
     2年以下の懲役または200万円以下の罰金
        水やエサを与えずに衰弱させるなど虐待を行った者
           100万円以下の罰金
      遺棄した者には100万円以下の罰金
里親をかたり、他人から動物をだまし盗ったら刑法の詐欺罪に当たるのだ。
 
  これ全ての項目にピッタリ該当するのに何故逮捕できないのだろうか

 

           証拠も証人もいるというのに、
     どうしてこれが適応しないのか誰にも理解できるよう
             説明してほしいものです

  コイツの悪事を暴いて制裁を下すことこそ、我々愛犬家の使命だ!
     一生涯塀の中にぶち込んで、臭いメシを食わせてやりたい。
   とは言え、こんなジジイに我々の税金使って生かしておきたくもない


        一刻も早くこのクソジジイが逮捕されますように。

            ポチッちてね
      にほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへ

いくつになったの

プロフィール

ゆずナベ

Author:ゆずナベ
プロフィール
名前:パトリック
住所:東京都
誕生日:2006年7月30日
性別:男の子
性格:お茶目ん坊
好きな人:ママと大兄たん
クセ:ママ&お兄たんのお手手を舐める
   嬉しいと体が震える

最新記事

先代のプロフィール

エミール
名前 エミール
住所 東京都
94/7/15~09/5/21
享年 14才10ヶ月
性別 女の子のような男の子
【エミールの記事は】
下記の{月別アーカイブ}
2009/01~2009/06迄掲載

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

署名よろしく!

月別アーカイブ

カテゴリ

ペキニーズレスキュー

ペキニーズレスキュー

犬猫の救済方法をご覧ください

犬猫里親 救済活動支援ブログ みんな幸せ

動物警察を誕生させよう!

動物警察
↑日本に動物警察を誕生させよう!

オススメ

リンク