10
2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
14
15
17
18
19
20
21
22
24
25
26
27
28
29
30
31
   

黙っていられない!

      安保法案で反対デモが大暴れしているが・・・

   自衛隊を「解釈改憲」で認めている以上、
                  安保法制の違憲論争は不毛だ!

戦争に巻き込まれるとか・・・戦争をしたい人なんか一人もいません!

「戦争法案」だとか「徴兵制になる」だとか、いたずらに国民の不安を
煽る言動も政権奪還の気概を持つ(はずの)政党(民主党)としては
    大人気ないでは済まない、もはやクレイジーの何物でもない。

 残念なのは、安保法制が違憲だとして、だったらどうするのかという議論が
         ほとんどなされなかったことだ。
反対派のなかには例によって、「平和憲法に戦争放棄と書いてあるから
   戦争は起こらない」という奇妙な言霊信仰を奉じる人が
    たくさんいるが、責任ある政党はこうしたカルト宗教から訣別し、
 現実的な世界情勢のなかで日本の安全保障をどうするのか、
        具体的な政策を提案すべきでしょう。


   今回の安全保障関連法案の柱は、集団的自衛権の行使が
             可能となった点にある。

  現在の法律では、日本は、自分自身が攻め込まれた場合に限り、
          武力行使が認められているわよね。
 これを法改正することにより、アメリカ等の同盟国が攻められた場合にも、
       日本が武力を行使することが可能となる。
    これにより、わが国の安全保障の基軸である日米間の
    協力関係が強化され、争いを未然に防ぐ力である抑止力
           高めることが期待できるのよ。

   平和ボケしている日本人よ!守られてばかりいないで、いい加減
目を覚まして、日米協力し合って危険な国からの攻撃から守り合いましょうよ。

        特定秘密保護法にしても、集団的自衛権にしても、
   最初にその必要を言い出したのは政権党時代の民主党じゃあないか!
  それを安倍政権が踏襲したことで一転して反対に回った卑怯党めが!、

   その理由は「あいつらにはやらせたくない」という子どもじみたものだ。
       もちろんこんなことは口が裂けてもいえないので、
    「とにかく反対!」のパフォーマンスをするほかなくなったのでしょう。

  すでに何度か書きましたが、憲法9条2項に「戦力を保持しない」と
     ある以上、自衛隊も国内の米軍基地も違憲であることは疑いなく、
 それを「解釈改憲」でなんとかごまかしてきたのが日本の戦後70年だ。
  
  この矛盾を直視したくないのだとしたら、個別自衛権の詭弁のうえに
集団的自衛権の詭弁を重ねたとしても、べつにどうだっていい話でしょう。

今現在言いたいことは、
   テレビ(TBS,テレ朝、NHK)、朝日新聞、毎日新聞などが、
  法案反対意見識者ばかりを集めて放映したり、、反対デモ行進の
様子を、これでもかこれでもかとしつっこいほどに国民を扇動していく。

だから、「戦争法案」とか「徴兵制」とかの言葉を使って国民を洗脳していくのだ。
  テレビ界は基本的に左翼団体とCMスポンサーで成り立っているので、
右発言すると、次回からお呼びがかからなくなるし潰されることもあると云う。

言論の自由とか報道の自由はあるが、事実に基づいての報道ならOKだが、
    偏向報道したり歪曲して報道することは許されないし
        倫理に欠けるし放送法違反となる。
  放送、放映、新聞雑誌などのメディアは中立な立場で報道すべきだ。

   この法案の賛成意見を言う人は、あたかも悪人扱いされる。
          ナゼ? 逆じゃないか!
反対すると日本は今後どういうことになるのか、法案をじっくり精査してほしい。
  

   1960年に日米安保条約が成立した際も反対闘争が激しかった。

制定した結果どうなったか!
  日本は安全で平和ボケするくらい平和な国家となったではないか!
日本に米軍がいるからこそ、戦争にならないのだ、存在が抑止になるからだ。

支那、北朝鮮は我が国に向けて、ミサイル、核兵器、化学兵器をいつでも発射
  できるよう、配置されているのをご存じの方も多いでしょう。
        発射しないのは米軍がいるからだ。
   日本から米軍がいなくなったらどうなる?これ幸いとばかり2国から
     攻撃され、日本は焼け野原となり死者何千万人になるだろう。

イラクから米軍が撤退したら、イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」が台頭し
           米軍は新たな空爆開始を余儀なくされた。
       アフガンが「第2のイラク」となる可能性も指摘される。

          やられてからでは遅いのだ。
    法案は何故今やるのかと云う大馬鹿者がいる。
では、5年後?10年後?そのときも又、「ナゼ今なのか」というだろう。

テロ対策も、秘密法案も万全ではないのは日本だけ。
           平和ボケしている証拠だ。
  戦後70年平和だったから未来永劫平和に違いない・・・平和ボケだ。
 自然災害だって何十年起こらなかったことも起きているし、犯罪だって
過去の類には見られない起こっているし、尖閣諸島、竹島、北方領土だって
  取られそうになっているのに、ヒツジの日本人はおとなしくじっと我慢!

  
   日米新安保条約締結時の総理である岸信介は、安倍総理の祖父。
      幼少のころからずっと近くで見てきた人だ。
 今度は孫である安倍総理が強いリーダーシップのもと、制定してほしい。
  日本を安全で平和な国にするためには、安保法案は欠かせないのだ。

  【追記】  
    今、法案可決されました!成るべくしてなった

    長々と最後までお読みいただきましてありがとうございます 


       
読んだよ、ポチッと押してね                  
      にほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへ

  

いくつになったの

プロフィール

ゆずナベ

Author:ゆずナベ
プロフィール
名前:パトリック
住所:東京都
誕生日:2006年7月30日
性別:男の子
性格:お茶目ん坊
好きな人:ママと大兄たん
クセ:ママ&お兄たんのお手手を舐める
   嬉しいと体が震える

最新記事

先代のプロフィール

エミール
名前 エミール
住所 東京都
94/7/15~09/5/21
享年 14才10ヶ月
性別 女の子のような男の子
【エミールの記事は】
下記の{月別アーカイブ}
2009/01~2009/06迄掲載

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

署名よろしく!

月別アーカイブ

カテゴリ

ペキニーズレスキュー

ペキニーズレスキュー

犬猫の救済方法をご覧ください

犬猫里親 救済活動支援ブログ みんな幸せ

動物警察を誕生させよう!

動物警察
↑日本に動物警察を誕生させよう!

オススメ

リンク

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/aciqrdx004ge