06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

収容ペキ救出のご報告!

    東京都足立区に収容されていた、白ペキの件で。

   保健所にとって、引き取り目的以外は、収容されている犬猫の
   安否の問い合わせは、大迷惑だということは承知しているわ。
 
   何故ならせっかく引き出そうとしている団体或いは個人が
          交渉していても押し寄せる電話の対応で
    スムーズにコトが運ばないので、引き出せる子も引き出せないと言うことと、
      その結果、混乱を来たし間違えて殺処分された子もいるというのです。

        1本の電話から未来へと続く道が絶たれるのです。

 幸いな事に知人が、
   いよいよ、引き出されないようなら、事情あって飼い主には
     なれないけど、一時預かりして募集かけてもいい、と
              云ってくれたのです。

   そこで、
     昔からの知り合いが某保健所に勤務しているので、
          他の保健所ですが、その人に行方を依頼してみたのね。

   
    すると、19日に某愛護団体から引き出されたとのこと。
         先ずは安堵の思いでホッ!としました
   どうやら、飼い主持ち込みではなく、一人でトボトボ歩いていたようよ。
    1人で歩いていた?人間じゃあるまいし一人で外出なんかしないわよね。
       飼い主がお迎えに来ないんですもの、棄てやがったのよ
           可哀そうに 飼い主メよ!天罰下るよ

           
 
  ところで、
    殺処分するのに何と四百億円と言う膨大な税金が使われています。
       そんな莫大なお金があれば、救って保護する方にどうして
          お金を掛けないのか不思議でしょうがないのよね。

         ましてや、我々の血税をつかって
     このご時世、そんなクレイジーな施設運営のために
       税金を払っているんじゃないバッキャ~ロ~

     以前と違って最近は保健所へ持ち込んでも簡単には
       引き取らないことを知ってか、棄てるヤカラが
            多くなっているようよ。
   
    殺処分ゼロを目指していても、その裏では身分が判明しないような
            林や山などの場所に遺棄するヤツが
            多発しているのでは、本末転倒だわ。

  殺処分ゼロ目標なら、それ相応のリスクが生じることへの
      対処を念頭に対策を練らないとゼロにする意義もありません。
     保健所の殺処分がなくなっても、誰もいない場所でひっそり
          亡くなる子が多くなるのは確かなのですから。

   ゼロにするために生じる悲劇に鑑みて、受け皿対策を厳重整備し、
  そこで初めて動物が真の幸せを得られる社会になるのだと思います。

            
読んだよ、ポチッと押してね                  
        にほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへ



いくつになったの

プロフィール

ゆずナベ

Author:ゆずナベ
プロフィール
名前:パトリック
住所:東京都
誕生日:2006年7月30日
性別:男の子
性格:お茶目ん坊
好きな人:ママと大兄たん
クセ:ママ&お兄たんのお手手を舐める
   嬉しいと体が震える

最新記事

先代のプロフィール

エミール
名前 エミール
住所 東京都
94/7/15~09/5/21
享年 14才10ヶ月
性別 女の子のような男の子
【エミールの記事は】
下記の{月別アーカイブ}
2009/01~2009/06迄掲載

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

署名よろしく!

月別アーカイブ

カテゴリ

ペキニーズレスキュー

ペキニーズレスキュー

犬猫の救済方法をご覧ください

犬猫里親 救済活動支援ブログ みんな幸せ

動物警察を誕生させよう!

動物警察
↑日本に動物警察を誕生させよう!

オススメ

リンク