08
1
3
4
5
7
8
9
10
11
12
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

最近考えさせられたこと

      先日、山口の集落で放火殺人事件がありました。
   このあと、愛犬のゴールデンのオリーブの画像が掲載。
とっさに、この子どうなっちゃうんだろう・・・と、すごく気になりました。
 
某愛護団体が保護したと報道されたときは、ホッとしたものでした。
でも、容疑者が逃走してから5日目に保護され、容疑者が逮捕された1分後に
    心臓発作で亡くなったと言う衝撃ニュースが流れました。

どうして?何故?こんなことってあるの?と驚愕して悲しみで涙が出ました。


この容疑者の詳細のことはさておいて、亡くなった愛犬の
     ゴールデンのオリーブのことを、
中野のカリスマ獣医として知られる野村獣医科Vセンター・
  野村潤一郎病院長が次のように解説していました。


 飼い主と愛犬との関係性について、
   「愛情を注がれた犬は飼い主がいなくなると
  最悪の場合死に至ることがあり、心が弱まった犬は途端に体力
免疫力が低下し持病が悪化、急性の病気にもなりやすくなる。
        年間15件ほどある」とのこと。

     事件容疑者の男の犬、オリーブについて野村先生は
  「手入れ・表情もいいように見えた、飼い主と幸せな
      世界の中で生きていた証拠だ」と。
また、
「男が飼っていたゴールデン・レトリバーという犬種は小型犬より心臓発作の
   死亡率が高く、男の愛犬は一般寿命の半分だったため、
        精神的なダメージと予測された」と。


 そして、人間にも「人と成り」があるように、このオリーブにも
      「犬と成り」があるように思えた・・・と。

  幸せ度を測るには、先ずどの程度の手入れがキチンとされているのか、
主にどこで1日を過ごすのか、コミュニケーション度、フードを見れば、
        凡その検討はつくとのこと。
   このオリーブは「犬と成り」がキチンとされていたということは、
飼い主に溢れるほどの愛情を受けてきた証拠だ・・・とおっしゃっていました。


  番犬などといって、外へ出しっぱなしでお散歩なし、ただ食べて
寝るだけの生活では幸せな犬生とは言えない、飼うなら終生愛情込めて
      飼うのが人間としての義務だ・・・と。


  野村先生の本を読んだ中で、一番印象深く感動した言葉は、
「もしあなたが本当の『命好き』で、お金も知恵もある人であれば、
      一番悪い子を貰って育ててほしいのです。
自然界では生き残れないような、弱々しかったり、奇形の子をこそ
貰ってあげて欲しい。あなたには、その余裕があるはずだから」と。


また、先生は、
     『「動物が嫌いだ」と言っている人で成功している人は、
    僕はひとりも見たことがないです』・・・と述べています。

野村先生・・・世間ではいろいろ言う方がいますが、私は素晴らしい獣医であり、
     すばらしい人間性であると信じ尊敬の念でいっぱいです。

   
  すべてに通じることですが、人の価値観など皆異なりますから、
      それを強制したり批判したりする権利、資格などありません。
 同じ価値観、志が同じ者同士が共鳴したり意識を高められれば
        それで良しとしましょう。

 いつもながらの長文、最後までお読みいただきまして、ありがとうございます



一匹たりとも不幸なペットをなくす社会を目指して、ドイツのように。
       読んだよ! してね 
  
 にほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへ
にほんブログ村



いくつになったの

プロフィール

ゆずナベ

Author:ゆずナベ
プロフィール
名前:パトリック
住所:東京都
誕生日:2006年7月30日
性別:男の子
性格:お茶目ん坊
好きな人:ママと大兄たん
クセ:ママ&お兄たんのお手手を舐める
   嬉しいと体が震える

最新記事

先代のプロフィール

エミール
名前 エミール
住所 東京都
94/7/15~09/5/21
享年 14才10ヶ月
性別 女の子のような男の子
【エミールの記事は】
下記の{月別アーカイブ}
2009/01~2009/06迄掲載

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

署名よろしく!

月別アーカイブ

カテゴリ

ペキニーズレスキュー

ペキニーズレスキュー

犬猫の救済方法をご覧ください

犬猫里親 救済活動支援ブログ みんな幸せ

動物警察を誕生させよう!

動物警察
↑日本に動物警察を誕生させよう!

オススメ

リンク