06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

預かり犬が来るたびにパトに異変が!

~~~、ぺ~ンギンペンギン、かわいいな~

おもちゃ箱から取り出してこうして一人で~

パトペンギンと



取り上げると~
パトペンギン見てる




トイレの芯も、おもちゃ!
パトトイレの芯と遊んで


何の変哲もない日常のこんな表情も私にとっては極上の癒しなのです


チョッパー、そしてフルルが来る度びにパトに心境の変化が。

他の子を抱っこしてると必ず見ている・・・寂しそうなパトの表情。
そして、
抱っこしながら世話していても、それが可愛がっていると捉えるパト(内心穏やかではないのでしょう)


今はライバル誰もいない、自分だけ思いっきり愛されている。

これがパトを変えたんでしょうか。

チョッパーと一緒にいたときより、フルルのときより今はお散歩一つとっても大違い。

途中で私の顔ばかり見て、「な~に?」と言うと「抱っこして」と飛びついてきたり、
私が先に行って「パト~!」と呼ぶと満面の笑顔で走ってきます。
そして、やたらに顔、手などペロペロ舐める。
それまでは呼んでもこなかったのに、チョッパー&フルルが去った今は
大喜びで飛んでくる。

こんなこと、今までなかった事、どうしてなんだろうとずっと考えてきたけど、
自分だけに愛情かけられている喜びってあるのかなと思わずにはいられません。

預かりワンがいる方、先住犬が変わったってことありません?

ペキって嫉妬心が強いと言うけど、そりゃぁ当然かも。
新入りが来るとストレスだってあるだろうな。

でも、チョッパとは、慣れるまで時間がかかったけど、
結構ワンプロやったりして仲良しでパトもチョッパーを
完全に受け入れていたし、親友のようだったね。
チョッパーが友好的だったからパトも心を許したんだと。
チョッパーは人間よりパトが大好きだった。

そしてチョッパーがいなくなってから、パトは胃液を吐くようになりました。
やっぱりパトも寂しかったんでしょうね。


わたしは現在、薬を服用しないと生きて行けない体。
チョッパー&フルルには毎日薬を与えることを忘れた事はなかった。
でも、私は時々ある。
これを医者に言うと「飲み忘れが運命の分かれ目、皆、飲み忘れが原因で天国いっちゃうの」と。
私の場合は、自分の体のことはあまり気にかけていない。
・・・自分に限ってそんなことないと、甘く見ている傾向があるのは確か。
パトのためにも長生きしなくっちゃ



 如何なる理由があろうと、保健所へ持ち込む=この子を苦しませて殺してくれと言う事です。
 絶対やめて下さい。友人に相談したり、里親を探す努力をしてください。ポチッ
    にほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへ

いくつになったの

プロフィール

ゆずナベ

Author:ゆずナベ
プロフィール
名前:パトリック
住所:東京都
誕生日:2006年7月30日
性別:男の子
性格:お茶目ん坊
好きな人:ママと大兄たん
クセ:ママ&お兄たんのお手手を舐める
   嬉しいと体が震える

最新記事

先代のプロフィール

エミール
名前 エミール
住所 東京都
94/7/15~09/5/21
享年 14才10ヶ月
性別 女の子のような男の子
【エミールの記事は】
下記の{月別アーカイブ}
2009/01~2009/06迄掲載

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

署名よろしく!

月別アーカイブ

カテゴリ

ペキニーズレスキュー

ペキニーズレスキュー

犬猫の救済方法をご覧ください

犬猫里親 救済活動支援ブログ みんな幸せ

動物警察を誕生させよう!

動物警察
↑日本に動物警察を誕生させよう!

オススメ

リンク