10
2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
14
15
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

信頼されない辛さ。

昨晩、来年のロンドン五輪出場権をかけたバレーボールの
W杯に向けドイツをフルセットで勝利した日本女子チーム!
ずっと応援していただけに、今回も歓喜の渦で沸いた
今晩は強硬アメリカ戦だ、
“ガンバレにっぽん


一転して辛いことが・・・
私は、チョッパーとフルルの保護犬の預かりをやっていました。
会の方でも「その世話としつけは折り紙つき、両犬ピカピカにしてくれた」と
私の預かりを評価してくれました。
私自身
「やり甲斐があった」と喜んでいたし、お世話が生き甲斐になっていました

ところが、
フルルは耳が聞こえないことを指摘すると、
「要、経過観察」と次の預かりさんに言ったのです。
経過観察って何?
観察してからの判断?
我が家の息子2人、スタッフ2人、友人皆口そろえて変だ変だと言っていた。
見ればすぐわかることなのに、

私の言ったことを信頼してもらえなかったという事です。
「ゆずなべが言っているんだから間違いない」とは思わないのでしょうか。


私は、フルルが来たその日に「おかしい、おかしい」と思って、いろいろ試してきました。
普通の犬なら人間がドア開けて部屋に入ってくると、いくら寝ていても、少しくらいは
反応があるものです。
寝ているすぐ近くでシャッターを開けても(すごく大きい音)ピンポ~ンと
玄関の呼び出し音、電話呼び出し音、すべて生活していたら自然に耳にする音、
そして背後から大きな声、音を出しても無反応。
それで体を触るとビクッと「あ~びっくりした!」って、その時初めて気が付きます。
動物は「聞こえないフリ」とか「見えないフリ」なんかできません。
できるのは、人間だけです。[
動物は「無視」することはできますが、「○○するフリ」はできません。
「無視」と「フリ」とは全く異なります。


動物は「フリ」とか思ったことの反対の行動をとる(うそ)はできないのです。
できるのはこれも人間だけ。
動物は、本能的に反応があるものなのです。
捕食動物が獲物を狙う時、フェイントかましたり、海では敵にバレないように騙しの
テクニックを使うことは本能的に知っています。

私の言ったことを信頼してもらえなかった・・・と思うと、
今までのわたしは一体何だったのかと。
最初は腹立たしい気持ちだったのが、時間が経つごとに情けなくて涙がポロポロ・・・
「世話だけしていればいいんだ、余計な口をたたくな、マイナス要因はブログに書くな」
こんな声が聞こえてきそうです。

自分で言うのもなんですが私は責任感は人一倍強い方だと自負しているし、
引き受けたからには全力投球し、信頼に応えるよう一生懸命尽くします。
世話だけでなく、愛情のかけかただって、私の右に出る人はそうザラには
いまいとさえ思うのです(良し悪し関係ないけど別にして)
そしてウソ言うのも大嫌い、だから裏切られるとすごく傷つきます。

フルルに大して失礼だし可哀そうだと思わないでしょうか。
先天的なものか後天的なものかわからないけど、好きで耳が聞こえない
のではありません。
人間ではないから、「聞こえる」「聞こえない」そのものがわからないのです。

一般家庭で飼うのだったら、そんなもん、何の「ハンディキャップ」にもなりません。
それを公表しないことの方がフルルの評価を低くしているのだと思います。


私は、保護犬のみならず、天国へ行っている7匹のワンたち、今いるパト、友人たちから
預かったワンたち皆平等に接していました。
若い頃は知り合いが旅行などの際、一時預かりをよく依頼されたものでした。
それは全幅の信頼があったからこそだと異口同音に言われたものでした。
注意深く行動を見たり、世話、しつけも文句なしだと。
これは意識的にしているのではなく、性格からくるものなんでしょうか。

ペットに関してはいい加減なことが嫌いだし、できない性格なのです。
(ペット以外はけっこうアバウトだけど

引継ぎの際「保護カルテ」に記入されていた中で、週数回のシャンプーをすること、と
書いてあったので、その通り真面目に1日おきに慣行してきました。
でも、引き継いでくれた現在はどうなんでしょうか?
皮膚病治療用シャンプーだけでは完治はできないといろいろな方のブログに書
いてあったし、抗生剤服用の両面から治療して完治したというメールもいただきました。
長期間の服用はよくないけど、それしないといつまで経っても完治しません。
もう、私の手を離れたし、もはやアドバイスは無用なようなので、ブログで書
くしかなかった

「信頼関係」を築くのはそれなりの時間が必要、崩れるのは一瞬。
今日は、つくづく人間関係の複雑さに頭が痛かったぁ!と。
アメリカ戦でスッキリしなくっちゃ!




 どんな事情があろうと「捨てる」行為が問題なのです。
言い訳しないで、里親を探す努力をしてほしい、ポチッ
    にほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへ


             コメント欄閉鎖中


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

バレーボール上達の3法則!

上手くいかないのに同じ練習ばかりしていても意味がありません。まずは適切な身体の動かし方を知り、それを実践するだけで今より格段に上達します。筋トレやたくさんの反復練習は、それが出来るようになってからの方がはるかに効率的なんです。たった3つの事を注意して練...

どんなワンちゃんもたった2秒でおりこうさんに!

なぜあなたの愛犬は吠える、噛む、散歩の時に引っ張るなどの問題行動をするのか?どうすれば自分の愛犬がお利口になるのか?たった3つのことを実践すれば、あなたの愛犬の問題行動をなくすことができます。

いくつになったの

プロフィール

ゆずナベ

Author:ゆずナベ
プロフィール
名前:パトリック
住所:東京都
誕生日:2006年7月30日
性別:男の子
性格:お茶目ん坊
好きな人:ママと大兄たん
クセ:ママ&お兄たんのお手手を舐める
   嬉しいと体が震える

最新記事

先代のプロフィール

エミール
名前 エミール
住所 東京都
94/7/15~09/5/21
享年 14才10ヶ月
性別 女の子のような男の子
【エミールの記事は】
下記の{月別アーカイブ}
2009/01~2009/06迄掲載

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

署名よろしく!

月別アーカイブ

カテゴリ

ペキニーズレスキュー

ペキニーズレスキュー

犬猫の救済方法をご覧ください

犬猫里親 救済活動支援ブログ みんな幸せ

動物警察を誕生させよう!

動物警察
↑日本に動物警察を誕生させよう!

オススメ

リンク

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/aciqrdx004ge