FC2ブログ
   
08
1
2
3
4
6
7
8
9
10
11
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

私がこんなに執着する理由。

「ボク、生きているのが辛い・・・」と言っているようで。

何故わたしはチョッパーに異常にこだわるのか。


去年の11月中旬、ガリガリでハゲハゲでブルブル震えていたチョッパーが
保護された時の写真です。
アウシュビッツ強制収容所を思い出します。


どうしたらこんな姿になるのでしょうか!


こんな姿にして棄てた悪魔よ!繁殖のための道具として使うだけ使って、
役に立たないとみると、平気で殺す・・・こんなことがよくもまぁ
できたもんだわ
この代償はこうだ!『ロクな死に方しない、天罰が下る、地獄へ堕ちる』

2ヶ月や3ヶ月ではこんな姿にはなりません・・・と医者に言われました。
長い年月、3日か4日に1度ほんの少しのご飯と汚染された水で栄養失調の状態で
生き長らえたのはないかと。
でなければここまで無毛だは、ガリガリにはなりませんと。

Angels Taleに救出されなければ、チョッパー今この世にいません。
Angels Taleのスタッフには感謝しきれません。

Angels Taleは、どんな酷い状態の子でも決して見捨てることはありません。
センターの職員さんでも「止めた方がいい」とか、他愛護団体も引き取らないような
凄まじい子でも引き取ります。
何故でしょうか。
酷い状態になるには、それなりの年月を経ていること。
この悲惨なまま殺処分とは哀れすぎ・・・せめて余生は愛情いっぱいの
家庭で暮らさせてあげたいからだと。
こんなすばらしい理念を持つAngels Taleなので、わたしも所属したのです。


わたしは、こんなチョッパーにいっぱいの愛情を注いで「しあわせ」って
こういうものなんだと実感してもらえるよう努力しました。
「こんなにおいしい物ってあるのよ」「こんなに楽しいことあるのよ」
「こんなに幸せってあるのよ」と教えてあげたかったのです。

そして、教えてきました。

保護された直後のチョッパー!
この絶望的な眼差し・・・
何度見ても涙があふれてきます

では、ここから9ヶ月間の目覚しい変貌を遂げた変遷史をご覧いただきましょう!
チョ保護当時


初めて預かりママをやって、チョッパーをシャンプーした後です。
我が家へ来て1週間後、目に輝きが出ているのが救いです。
チョッパドライヤー後


フード以外何をあげてもご覧のとおり「いらない」と。
7~8年の間、フード以外食べたことがなかったので、それが何なのかわからないのです。

そして人間が食べている姿さえも見たことなかったのでしょう、
普通のワンコだったら本能的に欲しそうな顔するのですが、
チョッパーは見ても何の興味もなければ欲しがる素振りを示さなかった。

チョいらない


12月半ば、家に来て1ヶ月経ちました。
頭に毛が生えてきました。
この当時は、まだまだ固まっていたっけ。

今はしつけより、愛情と安息です。

いつも、
「大丈夫だからね」「心配ないからね」「可愛いね」「大好きよ」と
思いっきり抱きしめて安心させました。
犬は人間のエネルギーを感じ取ることができるということを知っているわたしたち。

エアコンで部屋の中は暖かいのに毛が全く生えていないので、
まだ寒いらしく震えているので、お洋服2枚着せていました。
因みに、パトは裸ん坊でも十分暖かいのです。



うっせーな


1月半ば。
お散歩は最初は1歩も歩かなかった、3日後には1歩、1週間後には5m歩けるようになりました。
そして軽やかなテンポで真っ直ぐ前を向いてお散歩できるようになりました。


このころからおもちゃで遊んであげたりスキンシップをいっぱいとってきました。
チョママに抱っこされて

パトがおやつ食べているとマネして寄ってはくるけど相変わらず食べなかったなぁ・・・
長い間習慣がなかったためかな。

宝くじ当たった?


2月中旬、預かり3ヶ月でようやくシーズーらしくなりました。
シャンプー後のチョッパー。
こんなに可愛くなって笑顔ですね



この頃からしつけをしていました。
パトのトイレへ連れ出してクンクンさせたらすんなり覚えてくれました。
そして「ギャオン!ギャオン!」と夜鳴きもひどかった。
訓練していくうちにピタ~ッととまりました。
一度も声出して訓練したことはありませんでした。
この訓練法については後日詳しく。
チョ増毛ドライヤー後

五月晴れ!おけちゅ、プリプリ~可愛い~
おけちゅぷりぷり

5月、川へ遊びに。

川で2人



5月下旬、横浜里親会で。皆に可愛い可愛い!と黄色い声援を。
里親会で



6月中旬、毛むくじゃらになりました(毛の量はすごく多い)

チョアップ




いつもこうして片目でこっち見ていたっけ(チョッパーらしい)
チョ片目開けて

「里親さん募集」時の写真、オチャメ顔のチョッパー(チョッパーらしい)
チョ募集1

愛する2人を抱っこしてしあわせだった
3人でチーズ

川の近くのベンチにて。絶対お座りしなかったね。
チョ里親募集


6月下旬。何枚も写真ばかり撮るのでチョッパーウンザリ気味。
チョ勝負写真2


おやつを『ちょうだい!ちょうだい!』するようになりました!
ようやく普通のワンコらしく要求してきました。
こうなる日をずっと待ち望んでいました
そろそろご飯の時間になるとキッチンへ来てチョコンと座っていたっけ。
わたしたちテーブルで食事していると必ずわたしの横に座ってジ~ッと
見ていたっけ。
チョッパーにはめっぽう弱いわたしたちはご希望に応えて少しだけあげたっけ。
おやちゅにしましょ



わたしが朝起きると大喜びでこのようにワンプロやったっけ。
毎日何回もやったね。穏やかなお二方ケンカは1度もなく仲良しだった。
2011.7.30バトル

おティビ(チョッパーをこう呼んでいた)は、アクビばかりしていたっけ。
なんと可愛いのでしょう
チョ大あくび

私がなぜ10日近く経った今でもおティビのことに執着しているかと言えば、

1つは、これ以上残酷な日々を過ごした歳月と姿をしたワンコはいないからです。
地獄のような生活から生還して愛情溢れる私たち家族の愛情でここまで
成長したおティビとの別れは身を切られるように辛いです。

2つ目は今までは、最期まで看取って天国へ送ってきた子たちばかりなので、
途中での別離はとっても寂しいということです。

いろいろな諸事情があっておティビの預かり先を変えざるを得ませんでした。
里親さんではなく、新しい移動先は、ゴールデン1匹、シーズー2匹、ネコちゃんが、
4匹いる大所帯の家です。
仲間たちと仲良くやってくれているようです。
この詳細は後日ご報告を。

チョッパーを甘やかしたのではないか・・・と言う人がいます。
そう言われるのはとっても心外です。


「甘やかす」の定義は悪いことをしたのに許したり、見逃すことと、
本人のわがままを良し悪し関係なく受け入れることだと思います。
悪いこと、いたずらさえもしたことないので、我がままは言いません。

息子に「おティビを甘やかしたと思う?」と聞いてみた。
すると「いやぁ、結構厳しかったよね、甘やかしたんじゃなく、愛情注いだけどね」と。
チョッパーがあんなに惨い生活をしていなかったら、接し方も変わってきたでしょう。
とにかく、癒しの場と愛情と、おいしいご飯を提供したかっただけです。
今は克服しつつ(80%)ありますから、もう郷に入れば郷に従えでいいと思います。

引越しは犬にとっては人間が考えられないほどのストレスを
感じるものです。
我が家に来て3月ころまで家の中をウロウロさえしなかった。
おもちゃで遊ぼうともせず、パトとも遊ばなかった・・・原因は心が不安定だったからです。
今回移動について相当なストレスがあったにちがいない。
慣れるまでまた一から愛情でカバーしなければいけません。

チョッパーについてこのブログには書けない事がありました。
我が家に来るまでの長い期間に問題があったのであって、おティビには
なんの責任がないので、あえて書きませんが、いくら愛情を
注いでも、どうしてもできないことがありました。
それが寂しかったし、悲しかった。
それにおティビは人間よりパトにベッタリ懐いていました。
おティビがいなくなってからパトは胃液を吐くようになりました。
いるべき良き友がいなくなり夜は一人ぼっちで寝ているし、
心に穴がぽっかり空いてしまったのだろうか。
犬はデリケートな生き物です。

またまた長文になってしまってごめんなさい。



チョッパーのブログはこれでお終いとなります。
長い間チョッパーを暖かく見守ってくださり応援してくださって本当にありがとうございました。


 チョッパーが終生幸せに暮らせますよう、ポチッしてね
    にほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへ

チョッパー君、いやおティビちゃん!
これ以上惨い姿は見たことありません。
変遷史拝見して、こみ上げる涙を抑えることができませんでした。
ここまで成長させたゆずなべさんの愛と
別離の悲しみは手に取るようにわかります。
おティビちゃん、幸せを教えてくれた仮ママにありがとうだね。

チョッパー君の幸せは始まったばかり、
幸せに、幸せになって欲しいですね!

私もチョッパーちゃんを始めて見た時涙が出ました
そしてこんなに可愛く立派になって・・・と感動します

ゆずナベさんありがとう

今度はたくさんの仲間たちと楽しく暮らしているのですね
近況報告も楽しみにしています

あの日、初めてチョッパー君を見た時の事、思い出しました。
驚きと悲しみとか怒りとかいろいろでした。
でも、こんなに甘えん坊の坊ちゃんに変身して、楽しいや美味しいを知ってくれて本当にうれしいです。
まだまだ残された時間はたくさんありますもんね。どうか誰よりも愛されて幸せになって欲しいと思います。

保護された直後の絶望的なまなざし、
もう、涙がとまりません。
でも、すごくすごくかわいく成長して喜びでいっぱいです。
ゆずなべさんご家族の愛情の賜物です。

それにしてもこんな惨い姿にして棄てた奴、地獄へ落ちろ!
ゆずなべさんが、こだわるお気持ちよくわかりますよ。

チョッパー君!いっぱいしあわせになってね。

コメントは初めてですが、いつも拝見していました。
チョッパー君、ママからしあわせを教えてもらったね。
それにAngels Tale さんの活動すばらしいです!
応援させてもらいます。
ゆずなべさんの無償の愛に感動と感涙でいっぱいです。
チョッパー君の現況是非見たいです。

こんにちは。
初めてコメントさせていただきます。

とてもとても怒りと涙と、そして温かい思いの複雑な感情なしには
拝読できませんでした。
そして、こうして幸せになったチョッパー君がいる今、
未だに苦しんでいる子がいるという現状。
動物愛護法のパブコメの時も思いましたが、人間が故意にこのような事態を引き起こしているという事。
胸が痛くなります。

長々と失礼いたしました。
是非、大家族の中のチョッパー君楽しみにしています☆

初めてチョッパーちゃんを見た時、どうしたらこうなるの??
と、大きな衝撃を受けた事を思い出しました!

ゆずなべさんの大きな愛情によって、大変身したチョッパーちゃん♪
きっと今は幸せな気持ちで一杯だと思います(*^_^*)

チョッパーちゃんとの時間、いろいろなことがありましたね。
私は優と別れた時、もう思っていてはいけないと、ブログでも
そんなに書いちゃいけないかもなって思っていました。
だってもうよその犬、預かりとの生活よりも里親様との生活、
犬にとって飼い主が全てですから。でも、優のお母さんが我が家を
「頼れる実家」と言ってくださいました。
愛していてもいいんだ、そう思うと嬉しかったなぁ。
ゆずナベさん、ゆずナベさんちは
チョッパーちゃんの実家です。
チョッパーちゃんは2つの実家ができたんですね。
実家はずっとチョッパーちゃんを思っていていいんです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

チョッパーくんおめでとう。
ゆずナベさんお疲れさまです。
チョッパーくんの変貌に驚くとともに、
ゆずなべさんの努力と愛情に頭が下がります。
9ヶ月間ですか!
書かれていない、苦労も多々あたったのではと
想像されますが‥…。
こんなに、可愛くて、良い子に変身させて下さった、ゆずなべさんご家族に改めて感謝です。
我が家もただ今、5頭目の預かり犬がおります。
(有り難い事に、全てのコに良いご縁あり、里親さんの元に送り出す事が出来ました。)
今の預かり犬は、飼い主から「飼いきれない。」
(?)と直に保健所に持ち込まれたコです。
チョッパーくんよりは、状態は良いのですがお顔や足回り、耳周りがはげ上がっており、体全体もかなりケアの必要なコのようです。
我が家もチョッパー君のような美ワンコ目指して
頑張ります。
(この前なっちゃんの里親さんから、写真付きのメールをいただきました。サマーカットにされたとか、超可愛いなっちゃんが写っていました。
里親さん曰く、可愛過ぎて【驚異の8才です。】とのこと。
いただいた写真をブログにアップする事がまだ出来ず、ご報告まで‥…。)

お疲れ様でした

初めてコメントさせていただきます。チョッパーくんが立派なシーズーになったのはゆずなべさんの愛情の賜物ですね。預かりさんには本当に頭の下がる思いです。マロンくん・トミーちゃんに続いて、きっとすぐに幸せさんがやって来てくれますよね!
ゆずなべさん、お疲れ様でした。お身体ご自愛くださいね。

お疲れ様&御苦労さまでした^^

ママさんパト君ほんとたくさんの愛情をチョッパーに与えて今のチョッパーが居るのですよね♪
パト君の協力もかなりのものだったと思います^^
チョッパーと並んでいると犬種が違うのに兄弟みたいに似てる^^
我が家もらっちょを迎えて「過保護かしら…」と思う事もありますが、辛い思いをした分誰が何と言おうと過剰になってもいいのだと思ってます(親ばか過ぎ?(笑))
里親会でチョッパーに初めて会った時ほんと可愛くてびっくりでした^^
これがあのチョッパー???と(笑)
ママさんの愛情、パト君の友情(愛情?)を一身に受けたチョッパーですからきっと素敵なご縁が見つかるはずです^^
パト君と見守っててあげて下さいね。
あ~パト君ぎゅーってしたい(笑)
ほんとにお疲れ様でした。

チョッパー君、保護される前のことを忘れるくらい、これ以上ないくらい幸せになってね☆
でも、ゆずなべさんの愛情は忘れないですよね。いっぱーい幸せになりますように!

Re: タイトルなし

さとみ ちゃんへ
オティビは可愛くて仕方ない子だったわ。
あんな状態から徐々にワンコらしくなった成長過程を
振り返ると懐かしく、忘れられないのよ。

おティビには生涯いっぱい幸せになって欲しいわ。

Secret

プロフィール

Author:ゆずナベ
名前:マリーカ
住まい:東京都
誕生日:2016年8月27日
性別:女の子、2歳
性格:甘えん坊超ビビリー

ゆずナベ

Author:ゆずナベ

先住犬パトリック

享年12歳4か月で天使に。
愛するパトは私の心の中で
 永遠に生きています。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ペキニーズレスキュー

ペキニーズレスキュー

犬猫の救済方法をご覧ください

犬猫里親 救済活動支援ブログ みんな幸せ

オススメ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/aciqrdx004ge