06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

皆さ~ん!ご協力ください!

期限が迫っています!

あなた一人一人の協力が動物にやさしい法案が成立し政治を動かすのです。

テーマ:殺処分・虐待・里親・迷子
ご存知かと思いますが、
動物愛護法改正について、下記のパブリックコメの募集が開始されています!

平成21年(2010)年度
犬64,061頭、猫165,771頭 計229,832頭もの動物が、殺されてしまいました。

保健所の殺処分は「安楽な死」ではありません。
安楽死など存在しません。

15分以上も、おしっこを垂れ、苦しみ続ける「窒息死」です。
もし死ねなかったら自動的に生きたまま焼かれ灰にされます。
断末魔の声が聞こえてきます。


あなたの税金で。
47億円、という莫大な税金が、殺処分のために使用されています。

わたしは、動物を殺すために税金を払っているんじゃない。
いのちを生かすために、税金を使って下さい!!




この国の、ペットと呼ばれる動物たちの未来は、このパブコメにかかっています。




パブリックコメント募集中

●意見募集対象
「動物取扱業の適正化について(案)」


●募集期間
平成23年7月28日(木)~平成23年8月27日(土)必着






「動物取扱業の適正化について(案)」に関する意見

1.意見提出者名:(法人・団体の場合は法人・団体名及び代表者名並びに本件担当者氏名及び所属部署名)
2.住所:〒
3.連絡先電話番号、FAX番号、電子メールアドレス:
4.御意見:(案文の該当箇所を引用する場合はページも明記してください)


●意見提出先

環境省自然環境局総務課動物愛護管理室
〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2
メールアドレス:shizen-some@env.go.jp
FAX:03-3508-9278




パブコメの書き方例は、こちらのブログに詳しく載っていますので、
ぜひご参照&拡散してください!

◆One Action for Animals◆





元の記事 Blue Bird's Nestさんのブログ


さっち~さんのブログによると、パブコメのポイントは、
先に結論を書き、その後に理由と論旨を入れるのがよい。
流し読みされてもいいように、結論を先にハッキリと書くことが重要。

報告書に照らし合わせて、
「何ページの『○○○』という項目」
「私は『反対/賛成』である、理由は『×××』である」 
というように、書くことが最低限求められている。 とのことです。

またパブコメは膨大な数が寄せられるので、書き方として、
ぱっと見てわかるように、わかりやすく簡潔にまとめるとよいかと思います。

たとえば、

(5) 犬猫幼齢動物を親等から引き離す日齢 (P.3)について

意見:
8週齢以降に制限することに賛成します。

理由:
犬や猫にとって生後6-8週は、最も多くの社会性を学びとる臨界期とされるため、
少なくとも臨界期を過ぎた8週齢以降に引き離すべきである。
生後6週齢と12週齢の子犬を比べた調査の結果では、
母犬から引き離す期間が早ければ早いほど、動物の心身に重大な問題
(ストレス行動・疾患率・死亡率の上昇)を引き起こす傾向が高く、
長ければ長いほど安定する傾向にあることから、
動物の生態を尊重し保護するためには、8週齢以降に引き離すことが不可欠である。

みたいな感じで、項目・意見(結論)・理由 と分けて書くのがよいかもしれません。


どうやって書いたらいいのか解らず、
パブコメを送る事を諦めてしまう方も多いそうです。

上記のブログを参考に、ネット拡散、家族や友人にもお願いして
一つでも多い意見を送りましょう!数で勝負です!!



●動物の生態を尊重する考え

☆以下、環境省の改正案より抜粋



(5) 犬猫幼齢動物を親等から引き離す日齢

犬や猫において、一定の日齢に達していない幼齢個体を
親や兄弟姉妹から引き離すと、適切な社会化がなされないとされている。
特に犬では、早期に引き離した場合、成長後に、
咬み癖や吠え癖等の問題行動を引き起こす可能性が高まるとされている。 抜粋以上



SlabbertとRasaの調査ではジャーマン・シェパードにおいて、
生後6週で母犬から引き離した子犬と、
生後12週で母犬から引き離した子犬とを比べた結果、
早期に母犬と別れた子犬においてストレス行動、
高い疾患率・死亡率が報告された。

生後6-8週にかけては子犬はいよいよ社会性を多く身に付け、
最も多くの社会性を学ぶ臨界期にあたるため、
子犬を親・兄弟犬から引き離す時期は早くても
社会性を学び取る臨界期を過ぎた8週齢以降であることは譲れない。 抜粋以上






゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆


●消費者・販売者に対する抑制効果

子犬・子猫が販売されないことによる、消費者の衝動買いの抑制。
衝動買い抑制による、ペット遺棄減少。

子犬・子猫を中心とした乱販売をさせないことにより、販売業者の売上が低下。
繁殖後の管理が困難に。(飼育期間が長くなる、経費が重圧になる。)

これが相まって、販売業者は採算が合わなくなり、乱繁殖・販売の減少につながります。


成田氏によれば、現在のような安易な販売をなくすためには、
基本的に、販売側に対して責任を大きくして、
採算が合わなくなるようにさせることがよい、とのこと。

海外では子犬はコストがかかるし、
手続きが面倒で儲からない仕組みになっている。
アメリカなどは、法規制はないが、
実質的な規制が細かく多すぎるので、商売あがったりだそうです。



*トレーサビリティについては、改正案で P.2の(2) 移動販売、
P.3の(4) 犬猫オークション市場(せり市)にて言及がありますので、
ぜひ意見に盛り込んで下さい。


今保健所に持ち込まれるペットの4匹に1匹が業者による遺棄、
ゴミとして捨てられる子もたくさんいるそうです。

また下記項目で、問題のある業者は
登録制ではなく、許可制にする、登録取消措置の強化、
、というのも重要なポイントです。
(現状は悪徳業者が名前変えて何度も登録できるような甘さ)

(9)関連法令違反時の扱い(登録拒否等の再検討)
種の保存法等の動物取扱いに関連する法令に違反した際、
動物取扱業の登録拒否・取消要件を行える条項



◆登録取消強化

司法警察権をもって取り締まりを強化。
登録取り消し、取扱動物の没収と管理費の支払。
同店舗で登録している資格者も同罪とする。
最長10年の再登録不可。(←永久不可にしたい・・・)

が挙げられていました。


これ以外もほかの項目(ネット販売禁止とか繁殖制限とか・・・)も
本当に全部重要なことばかりなので、

できれば初めにご紹介した書き方例を、
全文コピペだとNGの可能性があるらしいので、
みなさんの言葉を付け加えて、
みなさまにぜひ提出をお願いしたいです。

私もメールで何回か送信したのですが、休日のためか、ボックスのキャパが
いっぱいなせいか戻ってきてしまいましたので、FAXを送信しました。
が、ウィークデイなら送信できるようです。


がんばりましょう!!!


動物にやさしい世の中に、ポチッしてね
    にほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへ

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

お久しぶりです

いつも、ゆずナベさんの行動力には頭が下がります。
自分にもできる事をしていかなければと
思ってはいるのですが・・・

ギズモ日記にコメントありがとうございます。
ノミ騒ぎも何とか終息を迎えそうです。

Re: タイトルなし

ポンママさんへ
パブコメありがとうございました!
こうして口コミならぬブロコミで反対派の数を圧倒的な数で
勝利したいです。
自分1人位・・・とみんなが思っていたら大きな間違いですね。
1票の重さが重要なのですから。
ポンママさんも私のをコピペしてかまいませんから広めて
くださると嬉しいですけどね。

Re: お久しぶりです

ギズモパパさんへ
動物大好き人間なので、守りたい一心で。
パパさんもどうか広めてくださると嬉しいです。

ノミダニ退治できてよかったよかった!
グラマラスビッキー嬉しくってよけいにおてんば娘(?)に
なっちゃいますね。
どうしても男の子とは思えなくって・・・

こんばんわ
私も出しましたよ~

今回は多くの方の協力が得られることを願うばかりです

Re: タイトルなし

noiさんへ
noiさん、パブコメありがとうございますe-343
5年に一度のチャンスですもの、私も必死でした。

ネットが普及した現在は多くの賛同を得られると信じています。
今回はクチコミならぬブロコミで広められたと思っています。

Secret

いくつになったの

プロフィール

ゆずナベ

Author:ゆずナベ
プロフィール
名前:パトリック
住所:東京都
誕生日:2006年7月30日
性別:男の子
性格:お茶目ん坊
好きな人:ママと大兄たん
クセ:ママ&お兄たんのお手手を舐める
   嬉しいと体が震える

最新記事

先代のプロフィール

エミール
名前 エミール
住所 東京都
94/7/15~09/5/21
享年 14才10ヶ月
性別 女の子のような男の子
【エミールの記事は】
下記の{月別アーカイブ}
2009/01~2009/06迄掲載

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

署名よろしく!

月別アーカイブ

カテゴリ

ペキニーズレスキュー

ペキニーズレスキュー

犬猫の救済方法をご覧ください

犬猫里親 救済活動支援ブログ みんな幸せ

動物警察を誕生させよう!

動物警察
↑日本に動物警察を誕生させよう!

オススメ

リンク