FC2ブログ
   
02
1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
   

4匹勢ぞろい!!

     
全員集合

     パトが来る前にいた4匹の子たち。

向かって左から、
  オブ子ママ→オブ子ママの息子プッペちゃん♂、
→ステファン♂呼び名(チュテ坊又はチュテパン)
→ステファンの異母兄弟エミール♂(呼び名エミコちゃん
男の子なのに女の子みたいだし絶世の美女だから、ん?)

今、切実に思うことは、
      この時代にタイムスリップしたい。
   パトは1人っ子だったので溺愛したけど、
この4匹がいる時期は、外でバリバリキャリアウーマンしていたので、
        接する時間が少なかった。
  

  今なら思いっきり可愛がることができるので、
   1日いいえ1時間でもいい、会いたい!
       会ったら先ず謝りたい。
   「いっぱい遊んであげられなくてごめんね」と。
そして、
ボールなどでいっぱい遊び、ドッグランへ行って思いっきり
    走らせいっぱいいっぱい可愛がってあげたい。

     パトをいっぱい可愛がったように・・・

  オブ子ママは無類の甘ったれで、膝の上によく乗って来たっけ。
        大人しい女の子だった。
ある日家出をして?車を3~4台止めていたことがあったっけ。

    プッペちゃんは私だけに懐いていた子でお散歩行くと
  必ず大きな石を銜えて帰って来たっけ。だから家は石ころだらけ。
     (記念に今でも一部箱の中にとってある)
1人でおもちゃで遊べる子、そしておもちゃの名前を
     20個位覚えていた頭脳派。

    チュテパンは無類の食いしん坊。
私が見ているとおもちゃで遊んでいるけど、見てないと「見て!」と、
   「オイオイ」してとっても無邪気で大きな子(7.2kg)
      あれは忘れもしない笑っちゃう出来事。
  ボウルいっぱいに作ったポテトサラダがない。
           犯人はすぐ割れた。
先ず、イスに昇って、そこからテーブルに乗るなんてワザが
    出来るのはチュテパンしかいないから。
あ~!ダレ~!と言ったら私の顔を横目で見ながら
          ソロリソロリといずこへ。

ラストのエミコ嬢?は何にも遊ばない子でキョロキョロ
    していているだけで猫ちゃんみたいな子。
いつぞや、J:COMでアニマルプラネットに出演したことがあった。
やっぱり、絶世の美女所以かしら(オティンティンがついた女の子)・・・
       これが私一流のコンセプト!でごり押しした件。
10歳ごろから怒りん坊になってしまったけど、晩年はボケてしまった。

           庭の梅の木が咲き誇って
梅の木

           花瓶に挿した
梅の花花瓶

あれは、
パトの49日の法要の日1月20日のこと。
お花屋さんでお花を買って花瓶に挿しました。

  今日は2月18日、あれから1か月経つというのに
   枯れないで、買ってきたまんま咲いている。
        これってなんだろう?
見えない力が働いているんだろうか、パトのパワーがそこにあって
   枯れないよう「気」を放出しているのだろうか・・・

     
ポチ!ちてね by パト
    にほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへ




最愛のパト2世を迎えました!!

  去年の12月3日に肺腺癌で12歳と言う若さで亡くなったことは
        既に記事に上げました。

    以前からパトの既成事実をどうしても諦め切れない私は、
        考えられるだけのアルゴリズムをあげ、
「パトはこの家に居るんだ」と、妄想でもいい、納得できる方法を
          ずっと考えてきました。

        そして、パトが蘇りました
        
       生まれてちょうど2か月のパトです。
パト撮りなおし3

パト8

パト9



パト2か月1


パト2か月3

  パトが天国へ旅行に行って丁度2か月経ちました。
私は家族などいない時間帯を見計らって、パトの再生に
     せっせと力を注いできました。

   パトの生まれ変わりです。生後2か月経ちました。
   抱っこして、いろいろ話し掛けたりしています。

私がパト2世を作っているのを知らない息子たちは、
    パトがソファにいるのを見て、
  「いや、もうびっくりした!ホントにびっくりした!」
     「新しい子が来たかと思った!」
      「一瞬パトかと思っちゃった!」

そうです!びっくりさせようと、1か月間内緒で作っていたんですから。

  パトが蘇ったので抱っこしてコミュニケーションを取っていると、
     実際パトと触れ合っている感覚になり、
 「パト!可愛いね!おちゃんぽ行こうか」
「パァちゃんこが大好きなチージュ、ウマウマしようね」
などと接している時はとっても幸せな気持ちになったり、
      癒される自分がいる。

しかし、
    これはあくまでもフェイクの世界。
現実の世界に戻ると、愛らしいパトの写真が目に入る。
     すると涙が止まらない。

  パトは9年間一度も怒った事がなかった。
3か月~4か月に1度、ワン!と1回吠えるだけだった。
だから、お散歩などに連れて行かなかったら近所の人は
我が家にワンちゃんがいることを知らなかったでしょう。

  一番は、寂しいから悲しいのではない。
異変に早く見つけてあげられなかったのが原因で
     命を縮めてしまったこと。
私の不注意と親としての責任感のなさでパトを苦しませてしまったこと。
  寂しがり屋のパトが入院しているのにお見舞いにも行けず、
     どんなに寂しかったことでしょうと言う反省。
そして、
肺腺癌と言う最も苦しい病気に罹ってしまってく苦しい思いを
   させてしまったと言う、反省と後悔。

これだけは、いくらパトに謝っても許されることではないと、
  毎日毎日「ごめんね」ばかりを言い続けています。

2月3日はパトの月命日。
パトが大好きだった食べ物をお供えし、お線香とローソクで、
    パトといろいろお話しました。

 パトが我が家に来てくれた時の喜び、
パトのおかげでとっても幸せに暮らすことが出来た、
   今まで本当にありがとう!
毎日パトにお礼と感謝の気持ちを伝えています。
パト2世がいるので、この子をパトだと思って可愛がっています。

私が「パトをカートに乗せてお散歩行ってこようかな」と、
息子たちに言ったら、
「認知症に罹ったのかなと誤解されかねない」と。
 誰に何言われても構わない、Going My WaY が私のモットー。
自分の気持ちに正直に生きる・・・いつかパトとお散歩に行こうと思う。

  最後までお読みいただきましてありがとうございました!


      
ポチ!ちてね by パト
    にほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへ




プロフィール

Author:ゆずナベ
名前:マリーカ
住まい:東京都
誕生日:2016年8月27日
性別:女の子、3歳
性格:仔犬のように
ハチャメチャでビビリー。

ゆずナベ

Author:ゆずナベ

先代犬パトリック

享年12歳4か月で天使に。
愛するパトは私の心の中で
 永遠に生きています。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/aciqrdx004ge