09
2
3
4
5
6
7
8
9
11
12
13
14
15
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
30
   

依存症になる恐怖?

          めったに吠えないパーちゃんこ。
     (恐らく黙っていれば一生吠えないだろうの子)


 しか~しだ、
         お寝んねしている時は、やけに寝言が多い。
  そう言う時はもしも~しとオツムをナデナデするとお目目を覚ます。

            これってどう言うこと?


              お寝む入りNo,1
おねむ1

                  お寝む入りNo.2
おねむ2

               お寝んね・・・夢入りかな
おねむ3



   : 折り入ってパーちゃんこにお願いがあります
   : この期に及んでナニ?
   : 決してこれ以上可愛くならないでくだしゃい
   : なぜに?
   : 食べちゃうから
   : その気持ちもわかるけど
   : ご自分でもわかっているのね?
   : って云うか、耳にタコできてるよ

                
         自他ともに認める究極の親バカざます!
  のあんと、これって毎日のようにパーちゃんこに云っている大バカ婆あ。

  それと・・・ (なにぃ~?まだあるのかよ!)

     「お家に来てくれてありがとう!」と。
     
      呆れて開いた口がふさがらないやって?

  
   これなんかまだ序の口。
    パーちゃんこを私のお腹の中に入れて出産しようと思ったことも

   こうすれば、
     「お腹を痛めた我が子」として迎入れることができるのではと。

   世界広せど、こんなクレイジーなことするオナゴなどいるわけない。
          では、私がその第一号になればいいのだ。
  これこそWorld Wide News になるだろう。
       って云うかその前に親子共々あの世行きだろうけど。



故に、
パーちゃんこの意見も無視して勝手に我が家に連れてきてしまった
     のだから、パトには「このお家に来て本当によかった、本当に幸せ
        だと思ってもらえるよう、毎日愛情込めて接している。

    これが、常識を逸脱した発想に及ぶ原因だと思う。

私にとって我が家にとってもパトが最後のワンコになるのは決定していること。

        パトはあと10年も生きられないだろう。
             私が生きていられるかどうかそれが心配。
パトのために絶対生きていてあげないと分離不安症のパトは
      精神不安になってしまうのではないかと
            最近よく考える。

   先日、10年間ブログを見続けていたodessaさん宅の
            KEN君が虹の橋に渡った。
   会ったこともないないのにブログでその成長など見ていると
             もう、他人ではない。
  悲しくて、何とも言えない寂寥感がジワジワと・・・涙がこぼれた。

 17歳という生涯を全うし、無償の愛と癒しを授けてくれたであろう
           かけがえのないKEN君!
 飼い主odessaさんの胸中たるは、計り知れないほどの悲しみで
            いっぱいだろうと推察する。

      先日、古くからの友人が亡くなった。
     愛犬は、ご主人に託されたが、息を引き取る寸前まで、
         愛犬の行く末を案じていた。
   私も同様に自分の方が先に逝ってしまったことを思うとパトの
          精神状態が危ぶまれてならない。

   何故なら、パトはママ依存症になっているように思うから。
        かく言う私もパト依存症になっているかも。

カリスマドッグトレイナーのシーザーミラン曰く。
   「人間の深すぎる愛情や強すぎる同情は、犬の成長を妨げる」と。
      頭では十分理解できるが、心がついていけない。
 
ここで一息!
 デジカメで撮ったよ  
      27日は中秋の名月、28日はスーパームーン。
  月が地球に最接近する日であり、今年一番大きな月である。
     比較対象物がないので、大きさを伝えることができないが、
   とにかく大きくて美しいお月さまを拝むことができて幸せ
     
  満月



        読んだよ、ポチッと押してね                  
      にほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへ

黙っていられない!

      安保法案で反対デモが大暴れしているが・・・

   自衛隊を「解釈改憲」で認めている以上、
                  安保法制の違憲論争は不毛だ!

戦争に巻き込まれるとか・・・戦争をしたい人なんか一人もいません!

「戦争法案」だとか「徴兵制になる」だとか、いたずらに国民の不安を
煽る言動も政権奪還の気概を持つ(はずの)政党(民主党)としては
    大人気ないでは済まない、もはやクレイジーの何物でもない。

 残念なのは、安保法制が違憲だとして、だったらどうするのかという議論が
         ほとんどなされなかったことだ。
反対派のなかには例によって、「平和憲法に戦争放棄と書いてあるから
   戦争は起こらない」という奇妙な言霊信仰を奉じる人が
    たくさんいるが、責任ある政党はこうしたカルト宗教から訣別し、
 現実的な世界情勢のなかで日本の安全保障をどうするのか、
        具体的な政策を提案すべきでしょう。


   今回の安全保障関連法案の柱は、集団的自衛権の行使が
             可能となった点にある。

  現在の法律では、日本は、自分自身が攻め込まれた場合に限り、
          武力行使が認められているわよね。
 これを法改正することにより、アメリカ等の同盟国が攻められた場合にも、
       日本が武力を行使することが可能となる。
    これにより、わが国の安全保障の基軸である日米間の
    協力関係が強化され、争いを未然に防ぐ力である抑止力
           高めることが期待できるのよ。

   平和ボケしている日本人よ!守られてばかりいないで、いい加減
目を覚まして、日米協力し合って危険な国からの攻撃から守り合いましょうよ。

        特定秘密保護法にしても、集団的自衛権にしても、
   最初にその必要を言い出したのは政権党時代の民主党じゃあないか!
  それを安倍政権が踏襲したことで一転して反対に回った卑怯党めが!、

   その理由は「あいつらにはやらせたくない」という子どもじみたものだ。
       もちろんこんなことは口が裂けてもいえないので、
    「とにかく反対!」のパフォーマンスをするほかなくなったのでしょう。

  すでに何度か書きましたが、憲法9条2項に「戦力を保持しない」と
     ある以上、自衛隊も国内の米軍基地も違憲であることは疑いなく、
 それを「解釈改憲」でなんとかごまかしてきたのが日本の戦後70年だ。
  
  この矛盾を直視したくないのだとしたら、個別自衛権の詭弁のうえに
集団的自衛権の詭弁を重ねたとしても、べつにどうだっていい話でしょう。

今現在言いたいことは、
   テレビ(TBS,テレ朝、NHK)、朝日新聞、毎日新聞などが、
  法案反対意見識者ばかりを集めて放映したり、、反対デモ行進の
様子を、これでもかこれでもかとしつっこいほどに国民を扇動していく。

だから、「戦争法案」とか「徴兵制」とかの言葉を使って国民を洗脳していくのだ。
  テレビ界は基本的に左翼団体とCMスポンサーで成り立っているので、
右発言すると、次回からお呼びがかからなくなるし潰されることもあると云う。

言論の自由とか報道の自由はあるが、事実に基づいての報道ならOKだが、
    偏向報道したり歪曲して報道することは許されないし
        倫理に欠けるし放送法違反となる。
  放送、放映、新聞雑誌などのメディアは中立な立場で報道すべきだ。

   この法案の賛成意見を言う人は、あたかも悪人扱いされる。
          ナゼ? 逆じゃないか!
反対すると日本は今後どういうことになるのか、法案をじっくり精査してほしい。
  

   1960年に日米安保条約が成立した際も反対闘争が激しかった。

制定した結果どうなったか!
  日本は安全で平和ボケするくらい平和な国家となったではないか!
日本に米軍がいるからこそ、戦争にならないのだ、存在が抑止になるからだ。

支那、北朝鮮は我が国に向けて、ミサイル、核兵器、化学兵器をいつでも発射
  できるよう、配置されているのをご存じの方も多いでしょう。
        発射しないのは米軍がいるからだ。
   日本から米軍がいなくなったらどうなる?これ幸いとばかり2国から
     攻撃され、日本は焼け野原となり死者何千万人になるだろう。

イラクから米軍が撤退したら、イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」が台頭し
           米軍は新たな空爆開始を余儀なくされた。
       アフガンが「第2のイラク」となる可能性も指摘される。

          やられてからでは遅いのだ。
    法案は何故今やるのかと云う大馬鹿者がいる。
では、5年後?10年後?そのときも又、「ナゼ今なのか」というだろう。

テロ対策も、秘密法案も万全ではないのは日本だけ。
           平和ボケしている証拠だ。
  戦後70年平和だったから未来永劫平和に違いない・・・平和ボケだ。
 自然災害だって何十年起こらなかったことも起きているし、犯罪だって
過去の類には見られない起こっているし、尖閣諸島、竹島、北方領土だって
  取られそうになっているのに、ヒツジの日本人はおとなしくじっと我慢!

  
   日米新安保条約締結時の総理である岸信介は、安倍総理の祖父。
      幼少のころからずっと近くで見てきた人だ。
 今度は孫である安倍総理が強いリーダーシップのもと、制定してほしい。
  日本を安全で平和な国にするためには、安保法案は欠かせないのだ。

  【追記】  
    今、法案可決されました!成るべくしてなった

    長々と最後までお読みいただきましてありがとうございます 


       
読んだよ、ポチッと押してね                  
      にほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへ

  

精神安定剤の特効薬は、これ!

         あれは、さかのぼること15年位前のこと。
      私が経営していた会社が突然破綻したのだった。

    最も信頼していた・・・云わば右腕となって会社のために
         尽力してくれた有能な女性だと思っていた。
             それまでは・・・

 綿密で計画的に進められていた背任行為・・・恐るべき裏切りだった。

  父は、生前、製薬会社を営んでいた頃、
  「起業するなら、変だと感じる感性、何故だと考える想像力を鍛えろ」と、
             常々言っていた。
     その言葉は、頭の片隅にいつも置いといたつもりでいた。

だから、荒唐無稽だと思うことも、皆ウラを押さえてきた筈がこのザマだ。


言い換えれば、
      「全てを疑え。100%信頼できないなら、任せるな」
           父も少なからず経験済みだから言えたことだろうと。

  
    終わってみれば父の言葉は何の教訓にもなっていなかった。

  莫大な負債を抱え込んで、窮地に追い込まれ、
              一挙に奈落の底に突き落とされた。

    全てが順風満帆な幸せな生活から、谷底に真っ逆さまに
            転げ落ちて行った先は地獄だった。

   
    精神的なダメージは計り知れなかったが、病気もせず強靭な
       精神力を保てたのは他でもない4ペキの存在だった。

   
    周りの人たちからいくら慰められようが励まされようが何の
             薬にもならなかった。
何故なら一番信頼していた人から全てを奪われ、命綱を絶たれたのだから。
          人間の空恐ろしさに身震いしたものだった。

       
       負債は兄貴の援助とウェブビジネス経営利益で頑張って
         完済した時は肩の荷が降りてホッとしたものだった。

      
     怒りと悲しみで憔悴しきっていた私に、4ペキたちが
            どんなにか癒しをくれたことか・・・
  無邪気な振る舞いと純粋な心の4ペキ達に囲まれていると、
           崩壊寸前まで追い込まれた精神状態がみるみるうちに
       回復していくのが自分ではっきり自覚できた。

 
  「セラピードッグ」と言われる所以でしょうか、素晴らしい薬(犬)効果だ。


この頃からでしょうか、急速に動物に対しての思い入れが深くなったのは。
       今では異常だと思われるほど動物愛護精神が高くなり・・・

私はもう、年齢から云うとおばぁちゃん、精神年齢は30代?もっと幼いかも。

       若くて健康で大金持ちだったら、やることは一つ!
   ドイツのティアハイムのような不幸な犬猫収容施設を建立します。


              クリック
                ↓

            ティアハイム

  では、、しばしこのベビーフェイスに癒されてくださいまし
ベッドで、赤ちゃん顔



         食べちゃいたい、この癒し顔!他では得られませんね   
ソファの上で、赤ちゃん顔

         読んだよ、ポチッと押してね                  
      にほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへ

  

ぼく、ホームレスになっちゃった!?

   : なに、ダンボールの中に入っちゃって、
         ホームレスのまねしてんの?

     パト : ヘッ! 自分が無理やり入れたくせに・・・
ダンボールの中アップ


        : パーちゃん!居心地どうですか?
       
パト : いいわけないだろうっての・・・
ダンボールの中


  以前、ダンボール箱に入っているムック&ライムちゃんの
     ブログで見たのでマネしてみたの。

   でも、パーちゃんこは、この写真を撮った15分だけで
        二度と入らなかったわ
   これが最初で最後のニセホームレス画像でした。

  何故かあまりお気に召さなかったご様子でした。

 【追記】
  ここからは、五輪切符かけての女子バレー話。

    昨日はストレート勝ちで韓国をねじ伏せた

 韓国をライバルだとアナウンサーが言っていたけど
        (チッチッチッ!)
   反競争的チームの間違いなのでは?
 
 まだ、
 アルジェリア、アメリカ、中国の3カ国戦が待っている!
       頑張ってほしい日本チーム


        
読んだよ、ポチッと押してね                  
      にほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへ

  

いくつになったの

プロフィール

ゆずナベ

Author:ゆずナベ
プロフィール
名前:パトリック
住所:東京都
誕生日:2006年7月30日
性別:男の子
性格:お茶目ん坊
好きな人:ママと大兄たん
クセ:ママ&お兄たんのお手手を舐める
   嬉しいと体が震える

最新記事

先代のプロフィール

エミール
名前 エミール
住所 東京都
94/7/15~09/5/21
享年 14才10ヶ月
性別 女の子のような男の子
【エミールの記事は】
下記の{月別アーカイブ}
2009/01~2009/06迄掲載

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

署名よろしく!

月別アーカイブ

カテゴリ

ペキニーズレスキュー

ペキニーズレスキュー

犬猫の救済方法をご覧ください

犬猫里親 救済活動支援ブログ みんな幸せ

動物警察を誕生させよう!

動物警察
↑日本に動物警察を誕生させよう!

オススメ

リンク