03
1
2
3
4
5
6
7
8
9
11
12
13
14
15
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
29
30
31
   

動画・天国と地獄とは、このことである!


         虐待されて生きているのが不思議な犬!
                  ↑ 
                 クリック



  【下記の文言は転載したものです】

 「虐待を受け、約10メートル下の川に投げ込まれた」

  [ 米動物愛護団体に「川に子犬が捨てられている」との通報があり、
           救助に駆けつけているところだ。
     
        目撃者によると、子犬は虐待にあった後、
  約10メートルの高さから川に投げ入れられ、2日間も動けずにいるという。

    そして、犬は水の無いところに避難して、なんとか無事なようだが、
              深くうなだれたその姿はボロボロ。
      毛が抜けおち、体は骨と皮。
         ブルブルと震え動けないほど傷ついた子犬。


  そして救助に駆けつけたスタッフは、川の中にハシゴを下ろし、子犬の元へ。
      人間が近づいてきても、子犬はジッとしたままだ。
   スタッフの大きな手が、「大丈夫か」と子犬の頭を優しく撫でる。
         とりあえず逃げないことにホッとしてしまう。

        しかし体を触られると痛そうな鳴き声をあげる子犬、
         左の後ろ足にいたっては切断されている……。

    
    ジョーダンと名付けられた子犬は動物病院の獣医師による
      チェックを受けるも、「この状態で生きているのは、奇跡的だ」と
  言われるほどジョーダンの容態は悪かったのだった。

      怪我だけでなく、疥癬(かいせん)と細菌感染を患い、
         栄養失調に陥っていることも判明したが、
  適切な処置と手厚い看護のおかげでジョーダンは徐々に回復していく。

     そして救助から4日目、十分に体力が回復したところで、
        切断された後ろ足の手術し、大成功。


    数日間安静にした後に、新しい飼い主さんのお宅に
          引き取られることになったのである。 
         新しい家族の元でノ〜ビノビ]
    ここまで転載文言です。


  ここからは私の見解。
    たまたまジョーダンはハッピーエンドに終わりましたが、
     これは氷山の一角で、世の中には信じられないような
    不幸な動物があまりにも多すぎるのが、現実です。

      人間はどこまで、これほどにも残酷になれるものだろうか
     
     
  海外の多くの人は、
       良い事にしろ、残酷性、遊び度、危険度、チャレンジ精神、
  喜怒哀楽の表現度・・・すべてに於いて、日本人と桁が違うのです。

   環境に左右されることも多いでしょうが、
           日本人は農耕民族、欧米は狩猟民族と
        言われていた所以とも(実際は違いますけど)

     基本的に脳細胞の仕組みが
        著しく異なることが原因と結果となるのでしょうか。

 
 飼い主に足を切断された痛みとショック、川に投げ込まれた精神的ショック、
           狂うほどの痒さの疥癬、寒さと孤独、・・・絶望感!
    ロクに食べさせてもらわなかったせいか、栄養状態が悪く、
            毛は抜け落ち飢餓で体力低下。

       “ こんな苦しい犬生なら死んだ方がましだ”と
                 思ったに違いない。


 でも、救いなのは救助してくれる人間に逆らうことなく、身を委ねていることです。
    恐ろしいほどの虐待を受けても、まだ人間を信じているのか・・・?
        それとも絶望感から出る「こうなったら好きにして」と
             自暴自棄なる様なのでしょうか。
  
       
        ジョーダンの絶望的な目と姿を見て、私は慟哭しました

        どう考えても人間の仕業ではありません。悪魔の仕業です。
            人間には天使もいれば悪魔もいるんです。

      10回くらい見ましたが何度見ても涙なくしては見られません。

         この動画を見終わって幸せいっぱいなジョーダンに
    「ジョーダン!よかったね、本当によかった」と涙ながらに拍手しました

           
読んだよ、ポチッと押してね                  
        にほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへ






世界一長寿犬ギネス認定はこんなに可愛いワンコ!

     世界長寿犬ギネスは何と日本の栃木にいたのです。

   
       プースケ

      幼い頃、殺処分になるところを引き取ったとのこと。
        この子はぷースケという名前で、柴犬×雑種。

            
             とっても可愛いですね
  美容院行っておりぼんつけてもらって、大切にされたのが、
              伝わってきます。


     
    5年前に尿管結石で入院し、3年前は交通事故で内臓破裂し、
     生死の境をさまよったが、奇跡的に回復し元気になったとか。

   
   でも、27歳のお誕生日寸前に老衰で虹の橋を渡ってしまいました。
          飼い主さんの腕の中で眠るように・・・と。

         
       長く生きたから幸せだったとはいえません。
                 どう生きたかが重要だと思います。

    
   このぷースケは飼い主さんが、若いときに家族として迎え、
        甘えん坊だったぷースケをいっぱい愛していたようです。

       
   どうしても人間より寿命が短いのですから、
            悔いが残らないように、毎日を有意義に
         過ごせるよう接しております。
    
    パトが「良い犬生だった」「ママのお家の子で幸せだった」と
          思ってもらえるよう、努力しています。
       
         
読んだよ、ポチッと押してね                  
        にほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへ








愚かな飼い主!

  一昨日、友人Aさんに「ちょっと付き合ってほしい家がある」と
            言われたのでお供しました。

   訪問宅の主は、  
    家の中に中々通そうとしないので、嫌~な予感が・・・
          中から吠えています。

        
         中を見てビックリ仰天

    先ず、ゴミ屋敷の上に臭くて臭くて。
           狭いケージには、ダックスが入っていて、
      見るとトイレシーツはオシッコでビショビショ、
            ウンチもそのまんま


          何故シーツを替えないか聞くと、
      ケージから出すと所かまわずオシッコするからだと。
    おまけに、忙しくて散歩する時間がないなどとほざきやがって!
         ゆずなべさん!
ブチ切れたよ~

       このババァ(あら、お言葉が・・・)飼う資格なんかない!


    何のために飼っているのか聞いたら「寂しいから」だと!
   ふざけんな!この子の方が100倍寂しい思いをしてるのよ


  
     Aさんはどうやらコイツに爆弾を落とす役目を私メに
  
   いきなりAさんが「貴女の家をこの人に見せてあげたらいいわ」と言うので、
         「こんな奴、入れるのヤだわ」といったら、
    「この人、これ普通の飼いかただと思ってるみたいだから」と。

  しょうがない、家に入れてあげ、
    「パトは、いつもこうしてフリーで過ごしていますけどね」と。
            シーツはトイレでオシッコする度に取り替えていること。
    お散歩は毎日1時間、家では遊んであげたり、どこ行くにも一緒。
                夜寝るときも一緒。
          家族で取り合いになるくらい愛している話など。

     これって、私に限らず飼っている多くの人は、
                 ごく普通の当たり前のことなんだと。
            
           

   友人が、
       「お宅のワンちゃんは貴女だけが頼りなんだから
   ちゃんとお世話して、お散歩して可愛がってあげなくちゃぁ」と説得。
  
   私も
  「抜き打ちでチェックしに行きますからそのおつもりで」と、
               釘を刺しておいたわよ。

   飼っていれば愛情が湧いて可愛がるのが普通なのに、
        愛情が湧かない人が多くいるのも事実。

 パピーミル(子犬生産工場)のように一生涯オリの中で繁殖の為だけに、
              生かされている犬猫。
  病気になっても治療などしてもらえず、役に立たなくなったら、
           餓死させるか、遺棄するか。
  最近12歳のプードルが劣悪なケージで妊娠と出産を繰り返され、
             ようやく救出されました。
  初めて外でお散歩する姿はヨロヨロ・・・涙なくして見られません。

     この画像クリック→繁殖のためだけに使われた子
      
     ブリーダーと繁殖業者では雲泥の差があります。
         こんなにしてまでお金稼ぎたいのか!

         動物を金儲けの手段にしない社会にしたい!
         
   皆様のようにブログをやるくらいの方は上にバカが付くほど
                だいじに愛している事は重々承知してるわ

         読んだよ、ポチッと押してね                  
        にほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへ




     


        


いくつになったの

プロフィール

ゆずナベ

Author:ゆずナベ
プロフィール
名前:パトリック
住所:東京都
誕生日:2006年7月30日
性別:男の子
性格:お茶目ん坊
好きな人:ママと大兄たん
クセ:ママ&お兄たんのお手手を舐める
   嬉しいと体が震える

最新記事

先代のプロフィール

エミール
名前 エミール
住所 東京都
94/7/15~09/5/21
享年 14才10ヶ月
性別 女の子のような男の子
【エミールの記事は】
下記の{月別アーカイブ}
2009/01~2009/06迄掲載

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

署名よろしく!

月別アーカイブ

カテゴリ

ペキニーズレスキュー

ペキニーズレスキュー

犬猫の救済方法をご覧ください

犬猫里親 救済活動支援ブログ みんな幸せ

動物警察を誕生させよう!

動物警察
↑日本に動物警察を誕生させよう!

オススメ

リンク