10
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
31
   

この習慣病は迷惑?噴飯もの?

ボクちゃんのうわさ?




          こんなあどけないお顔をしているけど、
                 とんでもない「習慣病」があるのだ。

    お散歩でウンチをする際、何の前ぶりなくいきなりウ~ンウ~ン。
           横断歩道を渡る際だっておかまいなし。
       
              (おいおい!又かよ!
                 信号はもう「赤」
           何度車の進行を邪魔したことか


     リードで端っこを歩くよう誘導しても、何故か強引に真ん中へ。
       コヤツ “Going my way ” のポリシーを頑なに厳守
          (そんなポリシーなんかいらないっての)


       オシッコ行動には、3行程があるの。
             ①オシッコする
             ②後ろ足で地面を蹴り蹴り
             ③ブルブル!
        
     この3行程を1セットとして、1回のお散歩で20セット~30セット
  20セット以上くらいからノンオシッコなので、ただおみ足を上げるだけ。
             (因みに家の中では①のみ)

         お宅の愛犬はお散歩で何かクセがありますか?

             読んだよ、ポチっと押してね                  
           にほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへ
にほんブログ村


「愛されてるよ」って顔に書いてあります

  

       パ~ト~!
       な~に

         あ~!ビックリした!何この可愛さったら 
             (また、親バカの始まりかよ!)
振り返る

  
        ようやく昼間、お散歩できる季節になりました
           (未だ、真昼間はムリだけど)


       バックシャンだぁ!(何それ?)
            back+schön(英語+ドイツ語の合成語)
         昔の流行語で後ろ姿が魅力的ってこと。
        (と言うことは、あたしゃあモロ婆丸出しってことかいな?)

       おけちゅ

        

  つくづく思うことは、「愛情いっぱい受けている子」の顔と
「虐待された子」とか「過酷な中を生き抜き愛情を受けなかった子」の
             顔の差は、一目瞭然。

 「顔」と言うより「顔つき、表情」が全く異なるということがわかります。
 不幸な子たちの顔は、修羅場を潜り抜けた厳しく荒んだ顔つきと表情。
      時折見せる目の奥から放たれる絶望感とか寂寥感・・・
           心の中で「お前たち人間は信じてないよ」
     「でも、信じなければ生きていけないんでしょ?」とでも
         言っているかのように。心がとっても痛みます。

  好きでこうなったんじゃない!飼い主、ブリーダーがそうしたのだ

     動物に愛情が湧かない輩は、飼うな!携わるな!
            声を大にして言いたい。
  
 さてと、
    人間も40歳になったら自分の顔に責任を持て・・・と言いますよね。
       (あたしなんざ、とっくに過ぎてますけどね)
         性格は顔に出るが生活は体型に出る。
              本音は仕草に出て感情は声に出る。
       センスは服に出て美意識は爪に出る。
    清潔感は髪に出る。落ち着きのなさは足に出る。
           
            う~ん!気をつけよう!

            読んだよ、ポチっと押してね                  
           にほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへ
にほんブログ村

親子共々変わった子

           秋の足音が聞こえてきそう
   ヘッダーをヒマワリから 一気に紅葉に変更

      この方は、原型のままでは決して食べません。
   大きいからではなく、小さくしないと食べてはいけないと
            勝手に思い込んでいるようでして
どうじゃってどうすりゃいいの



いらないの?



ふて腐れて後ろ向き

        
          小さくちぎって差し上げたら、
横目で見てる

       
          召し上がって下さいました
小さい食べてる

        
          これを何度も繰り返して・・・
ペロリンチョ

       
         今度は別のをちょうだいと催促
真正面で

           
         別物を大きなまま差し上げたら・・・
              やっぱり「ノー」
長い棒状お菓子




          小さくちぎってお口に
手から食べてる

        いろいろパトなりのポリシーがあるようでして、
          変わった子っちゃあ変わった子

       パトは一人で勝手に我が家に来たのではなく、
   どうか我が家の子になっていただきたい・・・と、お願い申して
           来てもらっただいじな子です。
     

  ウチの子になって5年も経つのに、未だに毎日パトにお礼を云っています。
        「お家に来てくれてありがとうと。
       ぶっちゃけ親バカ通りすぎてバカ親だわ

  パトも変わった子なら、飼い主のわたしも変わった子?
          (子じゃなく婆でしょうよ)

         読んだよ、ポチっと押してね                  
        にほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへ
にほんブログ村

いくつになったの

プロフィール

ゆずナベ

Author:ゆずナベ
プロフィール
名前:パトリック
住所:東京都
誕生日:2006年7月30日
性別:男の子
性格:お茶目ん坊
好きな人:ママと大兄たん
クセ:ママ&お兄たんのお手手を舐める
   嬉しいと体が震える

最新記事

先代のプロフィール

エミール
名前 エミール
住所 東京都
94/7/15~09/5/21
享年 14才10ヶ月
性別 女の子のような男の子
【エミールの記事は】
下記の{月別アーカイブ}
2009/01~2009/06迄掲載

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

署名よろしく!

月別アーカイブ

カテゴリ

ペキニーズレスキュー

ペキニーズレスキュー

犬猫の救済方法をご覧ください

犬猫里親 救済活動支援ブログ みんな幸せ

動物警察を誕生させよう!

動物警察
↑日本に動物警察を誕生させよう!

オススメ

リンク