01
1
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

飼い犬を捨てようとした男

        あれは、年の瀬も迫る12月30日のこと。

  自宅から2kmはあろうかという空き地にポツンと1匹の
           柴犬の赤ちゃんが繋がれていた。

   この子の飼い主は若い男で、お散歩でよく出会っていて、
     「可愛い!」と云ってあやさせてもらっていた。

“まさかアイツ、棄てたんじゃないだろうね”などと良からぬことを考え・・・

  それで、気になって何度も見に行くこと、かれこれ5時間。
 無邪気に飛びついてくるので抱っこすると、シャンプーの匂いがプ~ン。
    身だしなみをきれいに整え棄てる人が多いということを知っていたので、
       この子もその類いなのかと・・・
  通りすがりの人が心配している様子だったので、聞くとお昼ごろから
           繋がれているとのこと。
 今5時。
 辺りは、暗くなり始めこの寒空のもと、子犬が一人ぼっちでどんなに不安で
   寂しい想いをしているんだろうと思うと居ても経ってもいられず・・・



これに関連し、さかのぼる事去年の11月、

    60代とおぼしき近所のオヤジがいきなり2匹の子犬を
        連れてきて「里親が見つかるまで預かってくれ」と。
     無作法なオヤジだと思いながらも、20日間預かった甲斐あって、
          結局里親は無事見つかったので、めでたしめでたしと
            云う出来事があった。
 
 今回、私は年末からお正月にかけて実家で過ごす事になっていたので、
   その近所のオヤジに、柴犬の赤ちゃんを3日間だけ預かって
       ほしいとお願いに伺ったところ、
 答えは「実家に帰るのはあんたの勝手、自分で面倒見ろ」と一蹴された。


  こちらの都合も聞かないで半強制的に預かりを押し付けられたとは言え、
     それを引き受けたんだから、今度はサポートして
         くれるだろうと云うパラダイム現象に陥った。
   認識の甘かった自分に、苛立ちと反省と後悔が入り混じって頭がヒートアップ

  考えてみれば、このオヤジも里親探しをしようとする心意気があるのだから、
          愛護精神はあることは確かなようだ。

話は元に戻すと、
 息子達に子犬の話をすると
   「誰か保健所に連れて行ったらお終いだから、すぐに保護しなくちゃあ」と。
        この言葉を待っていたよ!good job

   ケージを組み立てたり、周到に準備を整え、こちらの連絡先を書いた
        メモも持参でいざ現地へ。
      
       いないことを祈りつつ・・・


あれぇ!子犬が忽然と消えているではないか、しかもウンチが入った袋までもが。

これは、私の想像だけど、
  飼い主が良心の呵責に苛まれ、連れて帰ったんじゃあないかと。
 飼い主でなければウンチの袋まで持ち帰るだろうかと(もっとも人にもよる)


今回改めて学習したことは2つ。
 1つは、
 動物に関して、困難に窮してる人が援助の手を借りに来たら貸すことはしても、
   借りてはいけないと(親しい親戚、友人に留めておくべきだと)

 2つ目は、
  不幸な動物を見たら見殺しにせず救出するべきだという愛護精神を
      持ち合わせていた息子の言葉に心温まった

    
     子犬のうちは愛くるしいけどすぐ大きくなります。
  飼うなら終生責任もってめんどうを見る事は人間の義務です。
      コイツに会うことがあったら、「二度と棄てるなよ!」
           ガツンと云ってやるわよ

  長文を最後までお読みいただきまして有難うございました


一匹たりとも不幸なペットのいない社会を願って、ドイツのように。
       読んだよ! してね 
  
        にほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへ
にほんブログ村
  



生きていました

          皆さま~!明けましておめでとうございます
             気がつけばブログも3ヶ月のブランク。
         
    近いうちに(このセリフは当てにならない?)アップできるかも。
           (えっ?このまんま引っ込んでろ?)

        ウチのパト坊ちゃまは元気いっぱいよ!
             
      
     
    この恐ろしく可愛い赤ちゃんは、だ~れ?パト坊ちゃまですよ
             ウチの子になったのは、3歳になる少し前よ。
     光陰矢のごとし・・・今7歳だからもう4年も経ったのね。
        それまでは、険しい道を歩んできたらしいけど。

   パト赤ちゃん写真

                  
                 
        パト:ボクちゃん、幸せいっぱいよ           
   フローリングで寝んねアップ

         パト!お家に来てくれてありがとう


         
           では、今年も良い年でありますように



  一匹たりとも不幸なペットをなくす社会を目指して、ドイツのように。
       読んだよ! してね 
  
        にほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへ
にほんブログ村
  




いくつになったの

プロフィール

ゆずナベ

Author:ゆずナベ
プロフィール
名前:パトリック
住所:東京都
誕生日:2006年7月30日
性別:男の子
性格:お茶目ん坊
好きな人:ママと大兄たん
クセ:ママ&お兄たんのお手手を舐める
   嬉しいと体が震える

最新記事

先代のプロフィール

エミール
名前 エミール
住所 東京都
94/7/15~09/5/21
享年 14才10ヶ月
性別 女の子のような男の子
【エミールの記事は】
下記の{月別アーカイブ}
2009/01~2009/06迄掲載

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

署名よろしく!

月別アーカイブ

カテゴリ

ペキニーズレスキュー

ペキニーズレスキュー

犬猫の救済方法をご覧ください

犬猫里親 救済活動支援ブログ みんな幸せ

動物警察を誕生させよう!

動物警察
↑日本に動物警察を誕生させよう!

オススメ

リンク