FC2ブログ
   
12
1
3
4
5
6
7
8
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

   先代パトの一周忌

12月3日・・・パトが天国へ旅に出て1年経ちました。

1周忌では、パトの大好物のお肉ちゃん、チーズ、甘いお菓子など
     お供物を添えて供養しました。
月命日にも必ず供養して、可愛かったパトの冥福を祈っていました。
   パト1周忌使う


   光陰矢の如し・・・1年って何と早いんでしょう。

ところが、
天国へ行って1週間しか経っていないのに、もう数か月も経った
      ように思ったものだった。
この不思議な感覚は、グリーフケアの先生によると、
それだけママとパト君は濃密な暮らしをしていた表れだと言われ
      納得したものでした。
どこ行くにも一緒、家にいても私のストーカーだったパト。
    朝から晩まで一日中一緒に過ごした。

ベッドの横のチェストにフォトスタンドがある。
そこには、元気だった在りし日の写真が3枚飾ってある。

昼間は、なんだかんだで忙しくしているが、夜寝る時は、
     どうしてもパトが目に入ってしまう。
すると、懐かしかった情景、可愛かった仕草、闘病生活が
  走馬灯のように脳裏を駆け巡り、涙に暮れる毎日。

長い間、
心が折れそうになるくらい悲しみに打ちひしがれ、
パトが居る処に行ってしまいたい、行けたらどんなに
幸せなんだろうか、パトと一緒に幸せに生活ができるんですもの、と。

愛されている子は、長生きしてくれるものだと思い込んだ私は、
    大間違いで大バカだった。

パトは1人っ子だったので、パトだけをいっぱいの愛情を注いできた。
数あるペキの中からパトを選んで3歳未満で我が家の子になった。
その時の光景は今でも昨日のことのように鮮明に記憶している。
    ちょこんとお座りしてとっても可愛かったパト。
   嬉しくて嬉しくて舞い上がってしまったもんだった。
 
とっても穏やかな性格で9年間1度も怒った事がなかったパト。
  可愛くて可愛くてしょうがなかった、パト!


  私が一番悲しいことは、亡くなり方なのです。 

15~16歳で、老衰で亡くなったのなら、運命、宿命と思い、
     少しは、諦めがつく・・・でしょうが、
  酸素室に入れられ6日間一人ぼっちで入院して、
      さそ寂しかったことでしょう、
9年間パト1人でよそへお泊りしたことなど1度もなかったので、
苦しい上に寂しい思いと不安にをさせてしまった・・・このことが、
    私が一番の悲しみであり、後悔と反省なのです。

自宅に帰って来ても酸素室から出すこともできなかった。

思う存分最期の別れのコミュニケーション&スキンシップをとって、
   カートで最後のお散歩などしたかった。
酸素室に入っていないと、ただでさえ苦しいのに
  出してあげることも出来なかった辛さ。
  パトは入れられている意味がわからないから、
余計に悲しかった、パトだって苦しくて悲しかったんだと思う。

パトには、いっぱい長生きして穏やかな老衰と言う形で最期を
迎えてあげたかったのに、余りに壮絶な最期を迎えなければ
ならなかったパトに対してどんなに謝っても謝りきれない。

でも、パトがいてくれたおかげで私はとっても幸せだった。
    パトは私の生き甲斐だったから。

こうして書いている今も涙が止め止めなく流れ出てしまう。

 今は、マリちゃんがいるけど、マリちゃんはマリちゃん。
パトはパト、パトを亡くした悲しみはずっと永遠に続くでしょう。
何しろ、今まで長年生きて来て一番の悲しみなんですから。

パト!パトはママの心の中で永遠に生きているもんね!
   9年間本当にありがとう!
皆と仲良く、おいしい物もらって元気に暮らしてね。
   可愛いパト!愛しているよパト!


 いつものことながら、長文を最後までお読みいただきまして、
       ありがとうございました


     ポチ!ちてね by パト
    にほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへ


  
  

二重犬格?!

寒くなってきたのでカートに乗せて久しぶりにお散歩に。
   カートに乗せても、中でじっとしていません。
今にも飛び降りそうな態勢をとるので、危なくて危なくて

     案の定、5歩前進しては急停止の繰り返し。
   停止しては私の顔をビックリ顔  でジ~っと見るの繰り返し。
     停止して道行く人たちにも、ビックリ顔で見るので、
          さすが皆さん笑っています。

お世話している2匹の猫ちゃんが近くに来ても眼中にない感じ。
  知り合いのワンちゃんに会っても、興味ないって感じ。
      怖くてカートの後ろに隠れたり・・・
    要するに、外が異常に怖いのです。
  人間も動物も皆怖くて怖くて仕方ないのでしょう。
  不思議なことによその家の塀に前足をかけてみたり、
       異様な行動をとるのです。

外にいるときは、当然ながらシッポは下向き。
   如何に外が怖いかの表れですね。

朝ウンウンをすると、次の日までしないのに、カートに乗せた途端、
        始まりました。
当然想定内なので、シートを敷いたのですが、態勢を変えようと
    したとき、ウンウンを踏んじゃった 


  マリちゃんは、フルーツ全てNo Thanks なのにミカンの皮だけは、
          おもちゃ代わりになるようです。
   みかんの皮アムアム


    帰宅すると、俄然本来の姿に戻り安心したのか、
   生き生きした顔になり、おもちゃで遊んでいました。
  顔を近づけると、鼻をカブっと甘噛みしにきたり、
         抱っこのおねだりしたり。

普通のワンコは「お散歩」は楽しみの一つなのですが、
  マリちゃんは、苦痛でしかないのでしょうか。

数人のワン友には「マリちゃん、連れて来て一緒に遊びましょうよ!」
      と、言われているのですが・・・

何とか、ワン仲間たちと遊ぶ喜びを知ってもらうには、
  どうしたらいいのか、悩みの種だわ。


      
ポチ!ちてね by パト
    にほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへ


  

病院行ったが・・・

   先代のパトがお世話になった病院へマリ姫を連れて行った。
  お耳の中が、赤っぽく匂いもあるし、どうも痒がっているご様子。
  
    ここに来るのは、パトが亡くなって以来なので、
1年ぶりだと言うのに、大勢の看護師さん&スタッフの皆さん方、
「パト君の・・・」と名前まで憶えてくれて、もうびっくりしました
   よく、覚えられるものだと、感心を通り越して、
       不思議な気さえしました。
(因みに私は名前を覚えるのが超苦手なので、ワンちゃんの名前を
  聞いてもすぐ忘れるため聞かないことにしています)

        この世の終わりのようなお顔。
手術台で怖がってる


 院長先生に触られようものなら、怖くて固まってしまったマリ姫。
手術台で先生やめて!

今までの子は、怖くても私の顔を見てHelp meな顔して
   私が1歩でも動くと、すぐ近づいてくるのに、
  マリちゃんは、私さえ目に入らないと言うパニクり方なのです。

  ここの病院は、ドクター8人、看護師さんとスタッフが
 12人もいる大所帯で最新医療と設備で院内もとっても美しい。

パトの時は毎日のように通院し、私はよくお喋りする人だけど、
 いつも笑顔で接してくれ、とっても感じが良い人達ばかりです。

 それに、飼い主さん達も「ペキニーズですよね」とか
「何という犬種ですか」などとアプローチしてくる人が多いのは
    マリちゃんのおかげかしら。

肝心かなめのマリちゃんのお話をせねば・・・
まぁ!案の定!大きな猫ちゃんを被っていましたよ。
マリちゃんは、超内弁慶だということが証明されました。
家ではあんなにいたずら娘&おてんば娘なのに。

毎日朝9時に、外でウンウンをすると、次の日まではしないのに、
    病院へ着いた途端、もようしましたよ。

    ウチの次男には、思いっきり吠えまくって、
「ちょっと、あんた!誰だか知らないけど、あたちに挨拶なし~?」と。
全く同一ワンコとは思えない豹変ぶりに、疑問符が残っちゃうわ。

  そんなマリちゃんだけど、小さくて可愛くて可愛くて
     いっぱいの愛情を注いでいます。


       
ポチ!ちてね by パト
    にほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへ

奇行のオンパレードに開いた口が塞がらない!

いつものように、玄関から駐車場へ向かうと、マリ姫は急いで、
リビングから私の部屋へ回ってお見送りをしてくれます。

「マリちゃん、行ってきま~す」と言ったものの、
私の姿が見えなくなりかけると、急いでリビングへ行く姿が・・・
・・・あの子、急いでリビングへ行ったけど何しに行ったのやら・・・
    そぉ~と庭からリビングを見ると、
         あら~大変!
  カドラーを裏返しにして、思いっきりメチャクチャにするは、
 私の部屋に脱ぎっぱなしにしてある家用ズボンと靴下は、
 ご丁寧にリビングに持っていき、 おもちゃんにするは、
        まぁやりたい放題


    私:マリちゃん!何してんの~!!

   ビックリしてバツが悪そうなお顔で、
マリ:めっかっちゃった!ママ~、出掛けたんじゃなかったの~!
    と、云っていました。

   
       まぁ、こんなことは想定内だけど。

  これがその証拠物件だ!先代のパトは、綺麗に使っていたのに。
     カドラー裏

 
   私の部屋から、わざわざリビングへ運ぶ理由って何?
 ズボンちらかし
   

 みかんの身は食べないくせに、あろうことに皮をおもちゃにして
       食い散らかしてあるし・・・

マリ曰く:あたちの辞書には、おもちゃでないものはないのだ。
       と、おっしゃっておりますです。
     
 本人は、恐竜のおもちゃと遊んで下記のようにウソぶいています。
   恐竜アップ

コタツの布団カバーまで、メチャクチャにしてもおもちゃにしたりして。

話は変わって、
次男が帰宅すると、例の如くワンワンワ~~~~~~ン!と、
      狂ったように吠えたり遠吠えします。
     こんなちっちゃな女の子が、ほんと信じられない。
「ちょっと!あんた!誰に断ってお家に入ってるのよ~!」
みたいな。

なので、息子は何とかマリちゃんに懐いてもらいたくて、
   イスに座ってマリちゃんを抱っこしながら、
「もう、覚えた?」なととマリ姫を説得していました。
と、マリちゃんを見ると、
どうやら大人しくしてるのではなく、恐怖で固まっていたらしい。
 10分位抱っこした後、フローリングに戻そうとしたその時、
失禁しちゃったようで息子のスーツのズボンがオシッコまみれ
   怒らないで笑っていましたけど、抱っこされるのが
      失禁するほど恐ろしかったとは

          いやいやいやぁ!
何から何まで初めての事ばかりするマリ姫にはお帽子脱いじゃうわ。

     ポチ!ちてね by パト
    にほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへ


こんな「あんよ」見たことある!?

  マリ姫は「お座り」 ができません。
「お座り」をしようとすると、ス~ッと自然に「伏せ」の状態になり、
  後ろの、あんよがス~ッと横に広がっちゃうのよね。
    
         ほら~!こんな「あんよ」
リビングであんよ

         アップで!
あんよアップ

         ここでも、ほら~!
テーブルの近くで

         ここでも!
リビングであんよアップ

  これもマリちゃんのチャーミングポイントね
       胴体が短いので、まるで「モモンガ」そっくり
     いつも「マリちゃん!いつ滑空するの?」と。

この格好が余りに可愛すぎるので、全員「可愛い!可愛い!」を
    連呼するので、どうやらご自分の名前が
      「かわいい」と勘違いしてるらしい。

ほとんどのペキニーズは「伏せ」の態勢だと真後ろに足が
      伸びるのですけどね。
今まで全部で7匹のペキを飼っていたけど、このような
     あんよスタイルは、初めてだわ。


      
ポチ!ちてね by パト
    にほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへ


プロフィール

Author:ゆずナベ
名前:マリーカ
住まい:東京都
誕生日:2016年8月27日
性別:女の子、3歳
性格:仔犬のように
ハチャメチャでビビリー。

ゆずナベ

Author:ゆずナベ

先代犬パトリック

享年12歳4か月で天使に。
愛するパトは私の心の中で
 永遠に生きています。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/aciqrdx004ge