FC2ブログ
   
12
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

酸素ハウスの中がパトの生活場

今朝、「非常に危険な状態です!」と病院よりTEL.。
今日どんなことがあっても退院する予定だったので、
      一路病院へ。

院長先生は抗がん剤などあらゆる治療を試みたが、肺腺癌のため、
    呼吸器系故に効果が得られず苦心しているご様子。
それに一番大事なことは自力で食べることであって、
  今日で丸4日何も食べていないとのこと。
食べていてくれさえすれば手術も可能だが、麻酔も
      掛けられない状態だと。
  麻酔をかけた途端に息絶える子がいると。
仮に手術したにしても、元通り元気になることはないと。
 転移したり、すぐ再発するから困難だと言われた。

ICUに入れっぱなしで少しでも外へ出すと呼吸困難になるので、
       酸素室は必須だと。

私たちが病院へ到着してすぐにパトがいるICUに直行、
    パトは横になって寝んねしていた。
最初私を見ても何の反応もなかったが、
ドアを軽くトントン叩いて「パト!パト」と言ったら気が付いたのか、
    起き上がって私の顔をジ~と見てシッポを振ってくれた!
「パト!ママ遅くなってごめんね!迎えに来たからお家帰ろう!」と。
1週間振りの再会!最愛のパトに会えて涙涙で感無量だった。
私の存在に興奮気味で起き上がって立ってくれた
     何と「お手」もしてくれたのだ。
  何と健気なパトなんでしょう!
「ありがとう!お手なんかしなくてもいいからお寝んねしてなさい」と。
そして、お口をペチャペチャ・・・気分のいい時の仕草です。
パトは気分いい時は毛づくろいをしますが、さすが今日はなかった。
          
        自宅で酸素ハウスの中でお寝んねのパト。
呼吸は荒いけど、こうして無事に家に帰ることができ、大好きなママ
   の近くにいられるのでパトは気分はいいはずだと思う。
酸素吸入ハウス

           酸素濃縮器
酸素濃縮器

          車で移動する緊急酸素ボンベ
酸素ボンベ


    一時も酸素なしでは生きていけないパト。
        自宅までの車での移動は、
キャリーにビニールで覆い酸素ボンベを入れ完全装備状態で
        帰宅。
元気な動物だって入院することは大変はストレスを伴うと言う。
ましてやパトは家の子になって9年間、一人で一度も外泊
したことがないので、そのストレスのため、食欲低下、無気力
になるので、良くなるものも良くならない悪循環だと言う。

何も食べてくれないからと言ってこのままにしていたら、
         餓死します。
この際、ペースト状のad缶を口の粘膜に塗ってあげてもいいか
  聞いたら、ノドを詰まらせ気管支に入ったら危険だと、
絶食するしかないとうことだけど、そう言う訳にはいかないでしょうよ。
      お水も1滴も飲んでくれない。

    Drが「危険だから食べさせてはいけない」を破って
猫ちゃん用のチュールはパトは好き好んで食べていたので口の
      粘膜に塗って強制給餌してみた。
ペースト状なのでペロペロ自然にノドを通して食べてくれた。
1本だけだったけど、明日はペースト状のお肉を食べさせようと思う。
綿花に水を含ませて少しづつ絞って口に入れたら飲んでくれた。
          良かった!良かった!

        
ポチ!ちてね by パト
    にほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへ

  

衝撃のガン宣告、その後のパト

悪性中皮腫ガンとの診断で、余命わずかと宣告され、
     悲しみで涙が枯れるほど泣きました。
  家族は、残りわずかな日々のことばかり考えていました。

しかし、息子が「納得できない」「あがいてみよう」と。、
ネットでガン専門医を見つけることが出来たので、
藁をも掴む思いの私たちはそこに全てを託しました。

到着するや否や看護師さんが、「酸素室に入れますよ」と言って
       パトを連れて奥に消えた。
緊急だということで、その素早い対応に感心してしまいました。

他院で治療したデータを持参してその判断を仰ぎました。
       すると、衝撃発言が

先ず、パトが弱っているので栄養あるad缶を食べさせていたことに
ついては
「ガンに罹患している犬に栄養食を与えるのはガンのエサになるのでタブー」
それに、前の院長先生からは、遠回しに安楽死を進められたことを
言うと、ビックリした顔で
   「今の段階では安楽死などとんでもない」と。
それと、毎日胸腔内に針を刺して液体を抜いていたことについては、
  毎日なんて考えられない、1週間に1度ならともかく
        辛い思いをするだけだし、
   何よりも菌が付着するだけだ、とのこと。

 病名も悪性中皮腫ではなく、肺腺癌らしいと・・・らしいと言うのは、
 レントゲンを撮る際、保定しなければならないが、呼吸が荒い
状態で、ムリしてやるとパトへのダメージが大きいので
         できないとのこと。
 ご飯を食べられるようになって落ち着いたらX線撮るので、
    今の段階では正確な病名はわからにとのこと。

   ガンなので完治は望み薄だけど、抗がん剤治療を
   するが苦しみのない治療で少しでも長く
生きられるよう頑張りましょうと心強いお言葉をいただきました。

最後まで諦めない!セコンドオピニオンで助かったという事例は
     多いので今はこれに掛けるしかない。

入院して4日目だけど、毎日神様に「パトが一刻でも早く、
この苦しみから脱出し、無事に帰って来れますように」
と、
   お祈りし、神社にも願掛けに通っています。

      一度も一人っきりで泊まったことがないパト。
         さぞかし寂しい思いをしていることかと思うと、
     「ごめんね」ばかり繰り返す毎日です。
 9年間1日足りともいなかった事がないので、とっても
寂しいし、つい「パト!」と呼んでしまったり、外出すると、
パトが待っているから、早く帰ってあげなくっちゃ!と。

いつ帰ってきてもいいように、全カドラーを日干ししたり、
  トイレ周りをきれいに磨いたりと余念がない。

   可愛い可愛いパト!無事に帰ってきてね。
 いっぱい抱きしめちゃうから、覚悟しておいてね。
おいしいもの食べようね、食べられたら嬉しいよね!

      
ポチ!ちてね by パト
    にほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへ





余命わずかなパト

         最悪の病気に・・・

     悪性中皮腫と言うガンと宣告されました。
        ガンでも珍しい病気らしい。
今は、エコーで見ながら癌性胸水を穿刺して取り除く治療。
     毎日通院しないと悪化度が急速に進むとのこと。
抗がん剤治療もあるが、副作用が強く逆に具合悪くなり
治療としても効果の見込みはないとのことなのでNG。

10年ほど前にアメリカの研究者が日本人のガンの多さに注目。
日本人はお米を食べることに原因があると思い、
玄米を研究している内に、米ぬかで作られた
レンチンコップと言うサプリメントを世に送り出した。
研究者の奥方が末期ガンに侵され、余命幾ばくもない状態
だったのをこのサプリメントを飲んだ結果ウソのように消えたと言う。

そこでガン患者に服用してもらった結果95%の確率で
     ガン細胞が消えたとのこと。

レンチンコップを日本人のドクターがさらに研究し、スーパーオリマックス
   と言う名に変えて日本でも発売されているとのこと。
アメリカでは普及していて5年後にはヨーロッパでも
普及しているのに何故か日本では、まだまだマイナーだと。

ワン友の一人がやはりガンに罹ったが大型犬なので、サプリは
費用が掛かるため米ぬかを水で溶いて焼いて食べさせたら
ガンが消えたと、たまたま2匹の飼い犬がガンに罹ったので
米ぬか饅頭を与えたら治ったが、ラブラドールはその後2年生きたが、
     もう1匹は半年生きたと言っていた。

一昨日はハムとチーズと卵焼きを乗せた食パンを欲しがったので
     あげたら3分の1食べてくれた。
お夕飯はおでんの竹輪とかつみれを結構食べてくれた。

サプリの錠剤を砕いてハムで巻いて食べさせたら1個食べた
      だけで終わってしまった。
1日4錠飲ませないといけないのに困った困った。

先生に、今一番大事なことは、
残り少ない余命を楽しくしてあげるいことだけに集中して少しでも
嫌がることは逆効果なのでサプリも無理やり飲ませない方が良いと
              言われた。
元気な時に聞いた音楽、好きなお散歩コース、好きなおもちゃ、
  それをいっぱいしてあげてくださいと。
   それを聞いて涙が止まらなかった。

昨日は、待合室でパトの施術を待っていたら「キャ~ン」と、
声がしたので何があったんだろうと思って聞いたら、
いつもの5cm位の針では液体に届かなかったので、
     7cmの針を刺したとのこと。
  それだけ重症化していることだと。

夜メロンパンを食べていたら欲しがったので上げたら
      結構たべてくれた。

         11月初旬病院の待合室で。
病院のイスの上で

         私のベッドでお寝んね。
ママのベッドの上で

         日向ぼっこ・・・すごく具合悪そう。
カドラーで立ってこっち見てる

ひきつけを4回も起こしたことをDrに言ったらがん細胞が
    脳に転移しているかもしれないと。
パトだけが生き甲斐なので、呼吸が荒い姿を見ると
        辛くて辛くて涙が止まらない。
まだ12歳なのに苦しいガンと闘っているパトを見ると
パトが元気になるんだったら私の命を上げてもいいと
            まで思っている。

それほど私にとってパトは、かけがえのない命なのです。

      
ポチ!ちてね by パト
にほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへ

パトに異変が。

    1か月前からゴボゴボと言っている。
   これは一体何だろう?何だろう?と。
     食欲はあるし、元気だし・・・

10月24日病院へ診察。
すると、ゴボゴボするのはだとのこと。
「内服液を飲んで様子みましょう」と院長。
お薬飲んでも一向に回復の兆しが見えないので、
1週間後に、
「この際徹底的に調べてください」と言って、X線撮影、
           血液検査をした結果、
    
  「非常に危険な状態です」と。
予期しない一言に目の前が真っ暗に、ウソ、ウソ!そんなバカな!と。
 
      具合悪そうなパト・・・可哀想で胸が痛い。
ソファの上で

      食いしん坊パトなのに何も食べてくれない。     
ソファの上で2


   胆汁を吐くは、ひきつけを起こすは、一体どうしちゃったのかと。
    咳は止まらない、呼吸が苦しそう、見ていられないので、
     緊急を要すると判断し改善策を要請しに病院へ。

 X線撮影、超音波検査(エコー)胸腔内液検査、胸腔内液体吸引、
     細胞の培養検査をしてもらった。
  培養検査の結果が判明するのは1週間後とのこと。
   菌の正体が判明すれば薬が特定できるため、
     ピンポイントで治療できるとのこと。

でも・・・
すぐに膿が溜まるのでその後も胸腔内に穿刺し溜まっている液体を
     吸引しなければいけないとのこと。

毎日X線撮影、エコー、胸腔内検査、胸腔内液体吸引に通っている。
1日目は70CC、2日目は247CC,3日目は54CC、次の日は80cc吸引。

       出口が見えない治療です。
一番良いのは胸腔内にチューブを差し込み2週間かけて取り除くこと。
   そしてきれいに3回洗浄するので完治の可能性大だと。

        この二者択一は究極の決断がいる。
何故なら、
  治っても亡くなる子もいる、成功する確率65%とのこと。
 それに気が弱いパトは2週間なんて入院できるわけがないのだ。
1晩だってストレスが溜まるのにましてや2週間入院なんかしたら
精神が壊れて亡くなってしまうだろうと言うことは飼い主の私
         だから推察できるのだ。

と言ってチューブを差し込んだまま通院するとどうなるかと言うと、
ちょっとした弾みにチューブが外れてしまったら、The End ですって。

  先日専門研究所に細胞の培養検査を出したが、
「その結果が判明するまでパトちゃんはもつかどうか・・・」と。
       あまりにも衝撃的で残酷な言葉をもらった。

  もう、PHコントロール缶も馬とか鹿のドライフードも
         一切受け付けてくれない。
先生に「食欲増進剤をだしましょうか」
言われたが、薬漬けにしたくないので、
「家でお肉など好きな物あげてもいいかしら」と言うと、
「それに越したことはないです、今は食べられるものなら
     何でもあげた方いいですから」
と。
鶏の唐揚げの中身が大好物なのでこれと少し味がついた
牛&豚肉など、あと白いご飯と混ぜご飯を食べてくれたので、
         お肉と混ぜて食べさせている。

お肉の中に抗生剤を隠して与えるのですが、一度バレると
二度と警戒して食べてくれないので、慎重に裏工作を。


横になっているばかりで以前のような元気なパトは見ることができない。
  何とかこの危機から一刻も早く脱出して元通り元気なパトに
     戻ってくれるよう神様に祈るばかりです。

     
ポチ!ちてね by パト
にほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへ

 







「好意」は「お節介」に変化する。

今まで「犬猫の譲渡」に関わる「おせっかい」は数多く経験してきた。
   無事に終わった時は、こちらも安堵と達成感、
       あちらも喜んでくれた・・・と、
お互いwin-win気分で、happy end だと勝手に思い込んでいた。

    
   よく思うことは、
「女」は何よりも無益な争いを避けようとする。
その為には、互いの居場所や個性を先に、さりげなく
    知らせておくのではないだろうか。

互いが傷つけないように見えない秩序を作ること。
  暗黙のうちにルールを形成することが大事。

ここは貴方の領域、敬意を払って、ここから先には入りません。
その代わり、私の自由も脅かさないでとやんわりと宣言し、
    自分の立ち位置を守る。

  自分が味わったような心の流れや喜びを
  もし誰かが経験してくれたら、それだけで、
      私の胸は鼓舞しちゃう。

  「黒」のものを「白」だと言う人は必ずがいる。
    数学じゃあないんだから,答えは1+1=2 には
      ならないことは承知している。

良かれと思ってやったことが裏目に出ることは日常茶飯事。
    「もう、やめちゃえば」とよく言われるが、
  不幸な犬猫に遭遇すると「虫」が動き出すので、
     やめられない、曲げられない。

なぁんて、かなり掘り下げたポエムワールドに
    トリップしちゃうのは悪いクセ。

話は変わり、
先日、ワン友2人よりパトにカドラーを2ついただきました。
コンセプトは、
      「オティンティンがついた女の子」WWW
        らしくワインレッドがお似合い。
     パァちゃんこ、 お気に召してくれたかしら。

 かぼちゃ2


        どんな夢、見てるの? 
小さなベッドで
  
ポチ!ちてね by パト
にほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへ


いくつになったの

プロフィール

ゆずナベ

Author:ゆずナベ
プロフィール
名前:パトリック
住所:東京都
誕生日:2006年7月30日
性別:男の子
性格:お茶目ん坊
好きな人:ママと大兄たん
クセ:ママ&お兄たんのお手手を舐める
   嬉しいと体が震える

最新記事

先代のプロフィール

エミール
名前 エミール
住所 東京都
94/7/15~09/5/21
享年 14才10ヶ月
性別 女の子のような男の子
【エミールの記事は】
下記の{月別アーカイブ}
2009/01~2009/06迄掲載

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

署名よろしく!

月別アーカイブ

カテゴリ

ペキニーズレスキュー

ペキニーズレスキュー

犬猫の救済方法をご覧ください

犬猫里親 救済活動支援ブログ みんな幸せ

動物警察を誕生させよう!

動物警察
↑日本に動物警察を誕生させよう!

オススメ

リンク

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/aciqrdx004ge